2010 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 03

カテゴリ:告発 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行者の体験談

kage

2012/02/28 (Tue)

アラシ、ARAS=チェ◯◯◯が使っている偽名です。 詳しくはコチラ


★ カトリーナさん(仮名)の体験  「僕はイタリア人です」と英語で話しかけられ・・・

海外旅行慣れしているカトリーナさん、事前に外務省のHPをチェックしたり、友人からは「しつこい絨毯屋には注意して!たくさんいるけど、めっちゃ日本語うまいからすぐに分かるよ」 また、現地旅行会社のトルコ人に「ブルーモスク、アヤソフィア、トプカプ宮殿 の出入り口で、上手い日本語で声をかけてくる人は、絨毯屋だから無視して絶対についていかないように」と忠告を受け、絨毯屋の声かけを無視し続けます。(以下本人の了解を得て頂いたメールより一部抜粋)

(略)~ それだけは心してイスタンブールの散策を始めました。
すると、言われた通り上手な日本語で次から次へと声をかけてきます。(ちなみに、街で一番多かった声かけ第一声は、すれ違いさまに「落としましたよ」でしたね。ハイハイって感じです。笑)
聞いていた付近にもやはりいました。あぁこれね!絨毯屋ね。とすぐに分かり、聞こえないふりで無視して歩いていました。

それだけ把握していて、なんでアラシを信用してしまったのか⁇

英語なんです。

アラシは最初、英語だけで話かけてきたし、自分はイタリア人だと言うから (今思えば、聞いてもいないのにっ!)こりゃ絨毯屋じゃないと思い込み、警戒ガードをといてしまったというわけです。それに、皆に絨毯屋に気をつけて!と言われても、どんな会話があるかまでは情報もなく、「絨毯屋との会話=すぐに商売の話」と、私は単純に思い込んでいましたし!この判断が大きな間違いでした。
それと、「恋愛詐欺師」だなんて言葉は今回ネット検索後に初めて聞きましたし、存在すら全く知りませんでした…
だから、まず今私が声を大にして言いたいコトは…。
日本語でうまく声をかけてくる絨毯屋はもちろん、英語でも同じで、声をかけてくる人には全員注意して!です。トルコ人でも普通の人はしつこく声かけてきませんっ。


★ クリスティーナさん(仮名)の体験

ARASに声をかけられ観光案内をしてもらい、別れた後カフェで食事をしようとお店に入ると、ウェイターがやってきて私に言いました。

店員 「昼間、白いシャツを着た男と歩いていたよね?彼の仕事は何?」

確かにこのお店の前をARASと一緒に通りました。見られていたんですね。

私  「お店のオーナーですよ。」

店員 「彼の事は何も知らないし、何をやっているのかも分からないけど、彼はいつもいつも、日本人か韓国人か中国人の東洋人の女の子とここを歩いてるよ!彼のお店は何を売ってるの?絨毯じゃない?」と早口の英語で!! 

ビックリしましたねぇ。とにかく always を強調して最後に「気を付けてね」と。きっと、絨毯屋だと言いたかったんでしょうね。



虚偽、脅迫、迷惑行為 不可解編

kage

2011/06/06 (Mon)

■アメブロ時代にブログ間でやり取りする機能を使って届いたメッセージの一部です 日付は2011-04-22
文中の「この人」とは私を指しています。

ブログ内容から誰が書いたかわかって
CEXXXのトルコ人男性仲間すでに日本で、この人の口ふさぐための計画が進んでるそうで、この人危険みたいです。


■同じ人物から届いたメールの一部です 日付は2011-06-06

Sa○○kについてブログに書いた女性がいて彼女に対して彼は訴訟おこしてると聞いています。
ーーー中略ーーーこの男性達の中の一人は本当に頭が切れて巧妙な手口を使ってくるので、かなり非情なので正直怖いです。彼らはCexxxにきたメールチェックしたり、返信までしてる。



■この記事にあるコメントも同一人物の女性からのものです。



※ここで取り上げた脅迫文について
トルコ詐欺は通常の詐欺と違い「恋愛」や「利」が深く絡んでいるせいか、奇行に走る日本人が存在するのも事実で、掲示板などで延々続く被害者の中傷には目に余るものがあります。
そして、トルコ詐欺独特の「複雑さ」を知ってもらうために脅迫文を公開したのですが、
「チェ○○○グループは怖い・・・。日本で彼に不利な事を言うと訴訟を起こされるのではないか?警察に行きたいけど大丈夫か?」と被害者の方から問い合わせがありましたので、注意書きとして添えさせていただきます。

この脅迫文の内容は全て事実ではないと思います。訴訟など起こされていませんし、危ない目にもあっていません。

被害届、各機関への情報提供は大切です。脅しに屈することなく告発していきましょう!



CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ

チェ◯◯◯ ク◯◯という男

kage

2011/06/01 (Wed)

敬虔なイスラム教徒でありながら,女性を尊敬し大切にするイタリア人という仮面をつけて近づいてきます。
仮面の下は恋愛詐欺師~女性達の恋愛感情を巧みに操り翻弄(ほんろう)していきます。

観光が収入源の後進国によくいる青年と同様、声をかけた女性達を楽しませ「見返り」を目的とする他に「疑似恋愛」で恋人を演じながら、言葉巧みにお金を引き出していきます。
SAD STORY(不幸な生い立ちや境遇のつくり話)で同情を引き、毎日の電話やメール、Skypeで真剣に愛を語るなど、手にした獲物は逃しません。また「日本で展示会を開くためもうすぐ日本に行く」「仕事で日本に住む予定だ」などと言い期待を抱かせ、新しく日本で会社を創る、トルコ国内外での新規の出店、共同経営、などビジネスがらみでお金を無心したり、海外支店が倒産したので至急お金を送って欲しい、などの詐欺行為も。相手を信用させるためなのでしょうか、JETRO日本貿易振興機構の名前をだしたり、名刺をチラ見せするなど小細工も盛り沢山です。とにかく自分はお金持ちで頭が良くて強い男!軟弱な日本人男性とは違う!と猛烈にアピールしてくるので騙されないでください。うそっぱちです
全ての経歴を詐称しイスタンブールに来た旅行客や、Skypeで見つけたカモに甘いワナを仕掛け、愛人を増やすことに勤しんでいます。そして驚くべきはそのしつこさ、一度狙いを定めた女性にはその目的を果たすまで執拗につけ狙います。彼氏がいる、詐欺師とバレている、嫌われている、数十回もの電話をムシされる、くらいでは簡単には諦めません。また正体がバレた後でも「僕の全てを受け入れて欲しい、結婚しよう」などと言い、つきまといます。全く、この期に及んでどのように利用しようというのでしょうか?図々しいにもほどがある、ではとても言葉が足りません。

チェ◯◯◯はトルコ雑貨を売る土産屋だそうですが、お店の2階にはじゅうたんが置いてあり、声をかけた女性に配っているショップカードには「GALLxRY CExxx CARPETS AND RUGS」(2011年6月時点での店名で、以降頻繁に店名を変えています)と書いてあるそうですので、トルコ名物のじゅうたん屋も兼ねていることは間違いなさそうです
以前チェ◯◯◯は自分のfacebookのウォールに、日本人女性と日本人の少年2人(息子?)に絨毯を選んでいるかのような写真を数枚投稿していました。当時、イタリア人だとすっかり信じていたアホ全開の私は、何故、地下のような倉庫のような場所に、こんなに沢山絨毯みたいな反物が積んであるのか?この人達はここで一体何をしているのか?この世に恋愛絨毯屋など存在する事すら知らなかったので、チェ◯◯◯、絨毯、日本人女性、が結びつかず、不思議に思っていました。

そして後に、トルコでは恋愛詐欺や絨毯詐欺がはびこっており,多くの日本人被害者がいることに驚愕した私は、一人でも詐欺被害者を減らそうと、微力ながらも自身で注意喚起をしていくことを決意。
そしてブログを書くにあたり、一人の女性を紹介して頂きました。その事情通の女性によると、チェ◯◯◯には理想としている友人がいて、その友人に「疑似恋愛商法」を叩き込まれ、どんな女ひっかけたのか逐一報告し、それらの女性をどうやって使うか、ある意味その友人の指示を仰いでいるのだそうです。その男性とは「EGIxxI Fine Rugs and Kilims」というお店のオーナーで名前はSa○○kというそうです。またその女性は、チェ◯◯◯が公文書偽造罪で入国拒否になった際に、日本でチェ◯◯◯の事を待っていた愛人達に電話をかけて入国出来ない事をその男性が知らせてくれた、と言っていました。そしてチェ◯◯◯はSa○○kの手下かは分からないけれど、自分のお店を持つまではカモを店に連れて行き、売り上げの30%をもらう客引きとして暮らしていたのではないかということです。
これらの話はその事情通の女性がメールで教えてくださったもので、私自身は事実なのかどうかも分かりませんし、Sa○○kという人物が何者なのかも全く知りませんが、ただ疑似恋愛商法と聞いてそれはただならぬ事,そしていつか誰かの役に立つことがあるかもしれないと思い記載しておきます。      

また、チェ◯◯◯は「ギブアンドテイク」の関係をキープしつつ愛人達をトルコに通わせ、日本ではキリムやトルコ雑貨を販売させ利益を得ていると聞いて大変驚きました。
私はこのブログを通して、チェ◯◯◯の店に行くなとか付き合うなと、言っているわけではありません。
ただ、このように日本人女性を利用してお金儲けをしていること、苦しみ傷つきながら商売を手伝っている愛人がいること、寵愛を受けるために高額な品物を買っている愛人がいる事、高齢のストーカー女性と接して大変な衝撃を受けたこと、また日本人女性に対して暴行事件をおこし警察に連行されたことなどを聞き、特筆すべきと思いました。なぜなら、この男はその辺のプレイボーイではなく恋愛詐欺師なのです。最後に身も心もお金も吸いつくされるまで終わりはこないのかもしれません。

とはいえ、トルコ詐欺に関する他の方のブログや書き込みなどを見ると、トルコにはこの程度の詐欺師や、どうしようもない男と詐欺師は紙一重みたいな男性がたくさんいるようです。彼らは一様に先進国の自立した女性に依存しているにも関わらず、情けないと思うどころか自尊心だけは異常に高いように思います。チェ◯◯◯自身も自分の悪事は決して認めず「僕とつきあえて得をしている、自分の人生を分け与えている」などと訳の分からない持論をかざし、自分の存在がいかにプラスであるかを主張します
しかし、いくら宗教や文化の違いを考慮しても彼らが恋愛を武器に女性にたかっているだけ、という事実は否定できません。


どうか皆様、後々後悔する事がないようトルコの恋愛詐欺師には充分気をつけてくださいませ、そして最後まで読んで頂きありがとうございました
一日も早く、この世の詐欺師たちが絶滅しますように・・・


■チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ

虚偽、強迫、迷惑行為

kage

2011/03/11 (Fri)

忘れもしません、日本列島が大きく揺れた日、ブログに1通のメッセージが届いたとお知らせメールが入りました。
それは代理人によるチェ◯◯◯からのメッセージ。日本中が大混乱の中このようなものを送って来るなんてきっと日本人協力者に違いない・・・メッセをブログにUPしてすぐ、地震で気が立っているせいもあり、もの凄い剣幕で返信したのを覚えています。聞けばそのアメーバIDを持つ女性、どうやらSkypeで知り合い騙されている様子。軽く事情を話しお互いの誤解を解いたのですが、そういった経緯で勢い余って記事にしたこのメッセ、今では絨毯屋18番の文句だということがわかりました。似たようなメールがネット上に掲載されています。そして共通しているのが皆“口だけ”ということです。(2012-02-27)


hello

how do you say that
l know him wery well
that is all lier
he cant do that kind of business
because he dont need money
that is not god he is perepere evrithing to give you a court
this is not good for you
if he give you court you should make ture these in the court
this is a slander he fond a lawyer he is coming japan soon and to give you international court not japanes court
understand ?
are you mad or stupid ?
or fool ?
dont you know to low ?
become to bad for you


international court とはおそらく【International Court of Justice 国際司法裁判所】のことで、国家間の紛争などの案件を取り扱うところ。被告・原告ともに国家だけを対象としています。
(ちなみに日本は加盟国、トルコは非加盟ですが加盟国でなくても参加は可能)


■チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。