2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェ◯◯◯ ク◯◯という男

kage

2011/06/01 (Wed)

敬虔なイスラム教徒でありながら,女性を尊敬し大切にするイタリア人という仮面をつけて近づいてきます。
仮面の下は恋愛詐欺師~女性達の恋愛感情を巧みに操り翻弄(ほんろう)していきます。

観光が収入源の後進国によくいる青年と同様、声をかけた女性達を楽しませ「見返り」を目的とする他に「疑似恋愛」で恋人を演じながら、言葉巧みにお金を引き出していきます。
SAD STORY(不幸な生い立ちや境遇のつくり話)で同情を引き、毎日の電話やメール、Skypeで真剣に愛を語るなど、手にした獲物は逃しません。また「日本で展示会を開くためもうすぐ日本に行く」「仕事で日本に住む予定だ」などと言い期待を抱かせ、新しく日本で会社を創る、トルコ国内外での新規の出店、共同経営、などビジネスがらみでお金を無心したり、海外支店が倒産したので至急お金を送って欲しい、などの詐欺行為も。相手を信用させるためなのでしょうか、JETRO日本貿易振興機構の名前をだしたり、名刺をチラ見せするなど小細工も盛り沢山です。とにかく自分はお金持ちで頭が良くて強い男!軟弱な日本人男性とは違う!と猛烈にアピールしてくるので騙されないでください。うそっぱちです
全ての経歴を詐称しイスタンブールに来た旅行客や、Skypeで見つけたカモに甘いワナを仕掛け、愛人を増やすことに勤しんでいます。そして驚くべきはそのしつこさ、一度狙いを定めた女性にはその目的を果たすまで執拗につけ狙います。彼氏がいる、詐欺師とバレている、嫌われている、数十回もの電話をムシされる、くらいでは簡単には諦めません。また正体がバレた後でも「僕の全てを受け入れて欲しい、結婚しよう」などと言い、つきまといます。全く、この期に及んでどのように利用しようというのでしょうか?図々しいにもほどがある、ではとても言葉が足りません。

チェ◯◯◯はトルコ雑貨を売る土産屋だそうですが、お店の2階にはじゅうたんが置いてあり、声をかけた女性に配っているショップカードには「GALLxRY CExxx CARPETS AND RUGS」(2011年6月時点での店名で、以降頻繁に店名を変えています)と書いてあるそうですので、トルコ名物のじゅうたん屋も兼ねていることは間違いなさそうです
以前チェ◯◯◯は自分のfacebookのウォールに、日本人女性と日本人の少年2人(息子?)に絨毯を選んでいるかのような写真を数枚投稿していました。当時、イタリア人だとすっかり信じていたアホ全開の私は、何故、地下のような倉庫のような場所に、こんなに沢山絨毯みたいな反物が積んであるのか?この人達はここで一体何をしているのか?この世に恋愛絨毯屋など存在する事すら知らなかったので、チェ◯◯◯、絨毯、日本人女性、が結びつかず、不思議に思っていました。

そして後に、トルコでは恋愛詐欺や絨毯詐欺がはびこっており,多くの日本人被害者がいることに驚愕した私は、一人でも詐欺被害者を減らそうと、微力ながらも自身で注意喚起をしていくことを決意。
そしてブログを書くにあたり、一人の女性を紹介して頂きました。その事情通の女性によると、チェ◯◯◯には理想としている友人がいて、その友人に「疑似恋愛商法」を叩き込まれ、どんな女ひっかけたのか逐一報告し、それらの女性をどうやって使うか、ある意味その友人の指示を仰いでいるのだそうです。その男性とは「EGIxxI Fine Rugs and Kilims」というお店のオーナーで名前はSa○○kというそうです。またその女性は、チェ◯◯◯が公文書偽造罪で入国拒否になった際に、日本でチェ◯◯◯の事を待っていた愛人達に電話をかけて入国出来ない事をその男性が知らせてくれた、と言っていました。そしてチェ◯◯◯はSa○○kの手下かは分からないけれど、自分のお店を持つまではカモを店に連れて行き、売り上げの30%をもらう客引きとして暮らしていたのではないかということです。
これらの話はその事情通の女性がメールで教えてくださったもので、私自身は事実なのかどうかも分かりませんし、Sa○○kという人物が何者なのかも全く知りませんが、ただ疑似恋愛商法と聞いてそれはただならぬ事,そしていつか誰かの役に立つことがあるかもしれないと思い記載しておきます。      

また、チェ◯◯◯は「ギブアンドテイク」の関係をキープしつつ愛人達をトルコに通わせ、日本ではキリムやトルコ雑貨を販売させ利益を得ていると聞いて大変驚きました。
私はこのブログを通して、チェ◯◯◯の店に行くなとか付き合うなと、言っているわけではありません。
ただ、このように日本人女性を利用してお金儲けをしていること、苦しみ傷つきながら商売を手伝っている愛人がいること、寵愛を受けるために高額な品物を買っている愛人がいる事、高齢のストーカー女性と接して大変な衝撃を受けたこと、また日本人女性に対して暴行事件をおこし警察に連行されたことなどを聞き、特筆すべきと思いました。なぜなら、この男はその辺のプレイボーイではなく恋愛詐欺師なのです。最後に身も心もお金も吸いつくされるまで終わりはこないのかもしれません。

とはいえ、トルコ詐欺に関する他の方のブログや書き込みなどを見ると、トルコにはこの程度の詐欺師や、どうしようもない男と詐欺師は紙一重みたいな男性がたくさんいるようです。彼らは一様に先進国の自立した女性に依存しているにも関わらず、情けないと思うどころか自尊心だけは異常に高いように思います。チェ◯◯◯自身も自分の悪事は決して認めず「僕とつきあえて得をしている、自分の人生を分け与えている」などと訳の分からない持論をかざし、自分の存在がいかにプラスであるかを主張します
しかし、いくら宗教や文化の違いを考慮しても彼らが恋愛を武器に女性にたかっているだけ、という事実は否定できません。


どうか皆様、後々後悔する事がないようトルコの恋愛詐欺師には充分気をつけてくださいませ、そして最後まで読んで頂きありがとうございました
一日も早く、この世の詐欺師たちが絶滅しますように・・・


■チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ

この記事へのコメント

kage

クレジットカード詐欺

A子 さま

非公開でメールアドレスを教えてください。

800EUROは取り戻せます。諦めないで!

Posted at 08:21:10 2012/05/10 by zen

この記事へのコメント

kage

諦めないで!

A子 様

Cはこれまでにもカード詐欺を働いており、手口も同じでその請求元のお店が何なのかわかっています。
同じ被害に遭われた方で、お金を取り戻された方もいます。

お金の取り戻し方、詳しくお話したいと思います。
諦めないでください、被害拡大を阻止するためにも!

Posted at 12:04:19 2012/05/10 by zen

この記事へのコメント

kage

ありがとうございます。

ZENさま
心強いです。
ありがとうございます。
正直なところ、わたしにも落ち度があるのは明らかだし、
こんなことが公にでもなったら恥をかくのはわたし・・・
という気持ちがあり、この程度の被害額なら泣き寝入りでいいか、と考えていたのです。

でも、確かにZENさまのおっしゃる通り、
これ以上の被害拡大を防ぐためにももう少し頑張るべきかなと考え直しました。
わたしみたいに「大した額じゃないし、大袈裟にしたくないし」
という被害者ばかりだったら、それこそCを増長させますよね。

お心遣いありがとうございます。

Posted at 15:11:59 2012/05/10 by A子

この記事へのコメント

kage

A子 さま

Cに何を言っても無駄です。
至急、カード会社に電話してください。

Posted at 15:50:22 2012/05/10 by zen

この記事へのコメント

kage

まずはクレジットカード会社に連絡すべきなんですね。
さっそくやってみます。

Posted at 16:27:36 2012/05/10 by NO NAME

この記事へのコメント

kage

さっそくクレジットカード会社に連絡してみました。
非常に不可解なことに、わたしは自分の意思で購入したキリムのクレジット決算の前に、
800EUROのクレジット決算のための暗証番号入力をしており、
1分間の間に2回暗証番号入力をしているというのです。

もちろん、暗証番号入力は1回しかしていません。
なにか巧妙なしかけがあったのでしょうね。

カード会社は現地に調査を求めてくださるそうですが、
あとは現地のカード会社とわたしが書面でやりとりするようになるようです。
わたしの英語は日常会話レベル。
書類の解読ができるかどうか正直なところ不安です。

Posted at 16:57:02 2012/05/10 by A子

この記事へのコメント

kage

詐欺@スルタンアフメット

T子さま

メールアドレスを教えていただけますか?
返信いたします。

Posted at 22:54:34 2012/05/12 by zen

この記事へのコメント

kage

今さっきまでCに騙されてました↓

Posted at 00:41 2012-05-10 by A子

本当にバカなわたし。恥ずかしい。
Cexxxに騙されているとも知らず、恋人きどりでした。

スペイン人とトルコ人のハーフ
11ヶ国語話せて、世界をまたにかけるビジネスマン
親は弁護士でミラノ在住
3週間後に日本語学校に留学予定
麻布十番に部屋を借りている

こんなプロフィールでした。
今にして思えば胡散臭いことこのうえないですよね。
なのにバカなわたしはすっかり信じてしまい、
日本で恋人になれると思ってしまいました。

なぜこのページを拝見したのかといいますと、
そんなに有能なビジネスマンであるならWebで名前がヒットするのでは・・・
とふと思い、検索してみたからです。
違う意味では大ヒットですね。
でも、傷が浅いうちに正体を知ることができたので、大変感謝いたします。

この人物とはSexはしないですみました。
Kissをされ、Sexも迫られましたが、「出会ったばかりでSexをするのは日本式ではない」と断ったところ、
それ以上は迫られませんでした。
でも、それ以前に、こいつにノコノコついて行った自分に自己嫌悪。
物腰が丁寧で上品そうに見えたのです。黒髪の男性も好みだったし。

被害金額はゼロではありません。
クレジットカードのWeb明細に、自分で購入した覚えのある安価なキリムの他に、
見に覚えのない800EUROの請求があるのです。
ついさっきまでCを信じていたので、彼が来日した際に問いただして、
間違いであれば彼に直接請求すればいいかと呑気に考えていました。

でも、この分だと来日は嘘だろうし、もう関わらないほうがよさそうですね。
800EUROは痛いですが、破産するほどの金額でもないですし、
バカなわたしの勉強代だと思えば諦めもつきます。

その他は
完璧に楽しかったトルコ旅行なのに、ケチがついちゃって悲しいな。


※一部修正させていただきました zen


Posted at 16:54:39 2012/05/15 by NO NAME

この記事へのコメント

kage

ご無理はなさらないで。

Posted at 10:41 2012-05-10 by A子

心強いお言葉、ありがとうございます。
ただ、もう諦めると一度は決めたお金なので、ご無理はなさらないでください。

800EUROと175TRYの請求が、5月2日付であります。
175TRYは自分でCから購入したキリムです。
請求元は、【PIRLANTA KUYUMxxxxx】となっているのですが、
この会社名がまた謎なのです。

Cの店名でもないし、聞き覚えがなかったのでWebで検索してみました。
イスタンブールに同名の通信事業者があったので、
スマートフォンの通信の接続に失敗して現地の業者に接続されていたのかな?
とも考えました。

でも、やっぱりおかしいんですね。
海外パケ放題にはずっと接続されていたし、
175TRYのほうは見に覚えのある金額ですし。
800EUROだけなぜEURO?かも謎だし。

あれから1週間たちましたが、Cの店らしき請求は他には来ていません。
やっぱりこの【PIRLANTA KUYUMxxxxx】がCからの請求と見て間違いなさそうです。
ただ、クレジットカードの明細はもう手元にないんです。
家計簿に入力後は不要なので、いつも破棄してしまっていて。
もちろん、800EUROの明細がなかったのは確かですけどね。

もう、こんなにないないづくしでCと闘えるのでしょうか。
お手数をおかけして申しわけございません。


※一部修正させていただきました  zen

Posted at 16:57:51 2012/05/15 by NO NAME

この記事へのコメント

kage

先輩被害者から注意喚起!

そうそう、わたしが実際に被害にあったのはCなのですが、
イスタンブールに滞在中に、ネットで話題になっている詐欺師に、
少なくとも3人は遭遇しています。

すべて帰国後にCのことを調べていてついでに分かったことなのですが。

Cに騙されてしまったのはわたしの落ち度もありますが、
詐欺師に遭遇するのは運が悪かったせいではない!
スルアフに行けば詐欺師に普通に会うものだ、と心して旅行してくださいね。


Posted at 23:49:51 2012/05/15 by A子

この記事へのコメント

kage

詐欺師の聖地

A子 さま

再びのコメントと注意喚起をありがとうございます。
C以外にも少なくとも3人の詐欺師に遭遇されたとは・・、かの地には「石を投げれば詐欺師に当たる」ほど沢山いるのでしょうか、全くおそろしい事です。
おっしゃるように、スルアフに行けば詐欺師に普通に会うものだ、と心して旅行することが大事ですね。

また、800ユーロをCexxxの手に渡さない、と思い直されたこと、嬉しく思います。
その他の詳細もありがとうございました、近々まとめてカード詐欺について記事にしたいと考えています。今後ともよろしくお願いいたします。

Posted at 22:06:02 2012/05/17 by zen

この記事へのコメント

kage

Re: わが身に

Aさま

トルコの恋愛詐欺師たちは、この種の犯罪には手を出さないと思い込んでいたので、Aさんの被害を聞き久々に固まってしまいました。
さすが何でもアリのスルタンアフメット、決して隙を見せてはいけない場所なのですね。

よければ、メールアドレスを教えていただけませんか?返信いたします。

Posted at 13:22:24 2012/06/01 by zen

この記事へのコメント

kage

わたしが聞いたストーリー

A子さまは、€800、無事取り戻すことできたのでしょうか。。。
いまCが日本にいることはご存知なのでしょうか。。。わたしは毎日のように俺の金を返せと言われています。

Cのことは、わたしが聞いた話と一番近いと思ったので長くなりましたが書いておきます。
なんだか妙に具体的です。

スペイン人の母とクルド人の父とのハーフ
(母は国際的な政府の会議の通訳もしている)
バルセロナ生まれ
母国語はカタルーニャ語(え?)
11ヶ国語話せる
世界に店を四軒と、工場をふたつ経営
学校に行きながら12歳でビジネスを始めた
大学では経営学と建築学を修めた
ミラノ在住の叔父がいる
一週間後に○沼スクールに留学予定(学校の資料を見せてくれました。実際、言った日に日本に入国)
銀座に部屋を借りていた
sad storyは
一年数ヶ月前に最愛の彼女、スペイン人の弁護士、を事故で亡くした
イラクの戦争のとき親友を含む自分の隊の多くを目の前で失った
心臓の病気で入院している伯父が危篤

などなど、壮大なストーリーを話してくれました。
必要な話は台本のように話し慣れているのですが、ふつうの会話になると驚くほど英語すらできなくなりました。
スペイン語もわかっていませんでした。
イタリア語も、ロシア語も、話す機会があったとき、なぜ話さないのか問い質しましたが、まあ、当然答えにはなりませんよね。。。
日本には何度も来ていると話していました。
2011年の東日本大震災のときは東京にいたと、2012年の9月も日本に行ったと聞きました。
雨の慕情が歌えて、八代亜紀さんが母親の友人だとも話していました。

とにかく自信家で、同じことを繰り返し話すので、飲み屋に来るおっちゃんみたいだなあと和んでおりましたが、今は、複雑な気持ちです。

Posted at 07:20:56 2013/02/13 by Q

この記事へのコメント

kage

Qさまこんにちわ
最新の情報をありがとうございます。
A子さんは、早い段階で「カード不正利用」と認められ、請求を取り下げられています。
Qさんに毎日のようにお金を催促しているそうですが、人にしつこく迫る前にまずやるべきことがあるのではないでしょうか???
また、昨年9月や先月の来日については情報提供がありました。
そして、先月またもや運営会社のFC2に、ブログの閉鎖依頼が届きましたので、どうやら来日すると、詐欺支援者の工作員と共に妨害活動に励むようです。
トルコ告発サイトとしては驚異的な数字(順位)をたたき出していた今は亡き伝説のサイト、アメブロの「トルコ人」が昨年9月に消されましたが、同じ日にこのブログの閉鎖依頼も出されていましたので、犯人はCの仲間で間違いないと思います。
話逸れてしまいましたが、最近は頻繁に来日しており、国内でも被害者がでていますのでくれぐれも気をつけてほしいと思います。

Posted at 23:14:14 2013/02/15 by zen

この記事へのコメント

kage

私も遭いました

私もQさんが遭われた店員に全くそっくりなトルコ人とスペイン人のハーフと名乗る店員に遭遇しました!
違うお店でランプを買っていたら、店内でやたら話しかけてくる男が1人。
どこのホテルに滞在しているかと言われ、お店が近くだから一緒に近くまで帰ろうと言われ、
不要と言っても着いて来ました。
そいつの店の前で帰るからと言っても茶だけ飲んでけとなり。
正直、もうキリム売りたいのは分かってたから帰りたかったのだけれど。

そいつの話した内容はほぼQさんと同じです。
・スペイン人とトルコ人のハーフで31歳
・日本人はきらい(グレーゾーンで話をするから)
・世界に4店舗店を持ってる、工場がある
・トルコ語、英語、スペイン語他11ヶ国語喋れる
・日本にはいい顧客がいる(広尾,恵比寿などに)
・日本から今日帰国した。2013.2.27
・日本円をポケットから出して50万位現金で見せてきた
・iphone(本人auと言ってました)を持っていて、その写真に3千万の日本円の現金が写っている
 写真も見せられる。金には困ってないんだ的な事、イチイチ自慢してました。
・ブラジル人の彼女がいて5年付き合ってたが、事故で亡くなった。
・その彼女とは遠距離恋愛だけど、うまくいっていた。
・日本の銀座に出店するから、長◯日本語スクール(渋谷)に通う予定。
 封筒見せられ、日本人の女性の名前宛名で来てると、突っ込んだら友人の嫁だと言ってた(笑)
・最終的に2階のキリムを見せられ、1万だの8千円だの安いのから高いのまでひと通り紹介。
・3階にもまだある様子。

ホントに良くまぁここ迄つくり上げるなと思いました。
キリムの勉強させてくれて有難う!と言って嘘のメルアド教えてそそくさ帰りました。
私はあまりにも胡散臭い話と、この界隈で毎回客引きに話しかけられた事もあり、堅い心を持っていつもホテルに帰っていたのでお金は失いませんでしたが、泊まるホテル地域は考えないといかんなと勉強になりました。
毎回ホテルに戻る度にいろんな店員が話しかけてくるので結構疲れました。
トルコでの日本人一人旅はいいカモなんですね。
これからの皆さんお気をつけてください。

Posted at 01:48:54 2013/03/24 by P

この記事へのコメント

kage

怪しさ満載

Pさま

はじめまして、最新の情報を掲載していただきありがとうございます。
Pさんが遭遇したトルコ人は同一人物で間違いないですね。
安心させる手口のつもりでしょうが、初対面で「現金」をちらつかせて、かえって怪しまれてることに気づかないのでしょうか?なんか、やらしさ満載で気味悪いですが、ウソのメルアドを教えて逃げられたPさんの方が一枚うわてでしたね、騙されなくて本当によかったです。
おっしゃるように、トルコでの日本人一人旅は、絨毯屋を筆頭に商売人の格好の餌食となっているようですから、女性の皆さんは特に気をつけて、旅行を楽しんでほしいですね。

Posted at 22:31:15 2013/03/27 by zen

この記事へのコメント

kage

ぎゃふんと言わせてやりたいですね!

昨日、弾丸1泊のイスタンブール旅行から帰ってきたところです。
わたしも気づけばこのトルコ人に遭っていましたので参考までに最新情報を。

Googleで「トルコ ○○ティン」と自動入力が出てくるくらい有名な人だとは全く知らず・・でも最初の瞬間から怪しさ500%だったので念のため検索してみて、まぁ驚きました。

この男はわたしがアラスタバザール〜ブルーモスク付近を写真を撮りながら歩いていた時に、一言かわしました。*以下会話はすべて英語です。
「道に迷ってる?ブルーモスクはこっちだよ、君は韓国人だろう?」
(こんな分かりやすいとこで迷っとらんわと思いながら)「韓国人です(ウソ)」
その後は去って行ったのですが、スルタンアフメット地区に泊まっていたため、帰りにこの男の店の前を通ったところ
「さっきあっちで会ったよね!韓国人の君!」
「韓国でビジネスを始めたばかりなんだよ」
「カンナムで展示会をやったばかりだよ」
「店の中を見て、どう思う?」
「アップルティーは飲んだ?飲んでないなら、出すよ」

怒濤のごとく話してきたのと、ちょっと歩き疲れていたのと、アップルティーはまだ飲んでいなかったので笑、少し店内で話していくことにしたわけです。
そしてここからかの悪名高い偽ストーリーが始まるわけですね。

この男の最新エピソードは以下の通りです。

◎スペイン人とトルコ人のハーフで1982年5月生まれ
◎日本人は好きではない(グレーゾーンネタ言ってました笑)
◎韓国人は白黒はっきりしているのでビジネスしやすい
◎ビジネスパートナーはトルコ人に限定している
◎表参道・NY・スペインに店がある(NY店は5th AveのVictoria Secret横だと)
◎自分が管理する工場には65人が働いている
◎トルコ語、英語、日本語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語が喋れる
◎日本に初めて行ったのは18歳のとき
◎日本には通算7年住んでいる
◎日本語は日本人よりうまく喋れるんだと豪語
◎日本では銀座在住
◎スペインから今日の夕方6時に帰国したばかり
◎これまで訪れた国は104カ国
◎12歳の時から働いている
◎最初の仕事は、パリの街で腕にスカーフを掛けて通りで売っていた
◎仕事の出張で、1日の間に4カ国を移動したことがある
◎叔父がトルコ航空のパイロット(なので飛行機は格安で使える)
◎iPhoneは2台(トルコ用と日本用はau)
◎ブラジル人の彼女がいて7年付き合ったが、2年前に交通事故で亡くなった。
◎ブラジル人の彼女は客室乗務員で、自分の出張先(約40カ国)でも会った
◎その彼女との出会いはNY、彼女に道でぶつかり、怪我をさせてしまい病院に連れて行き、ドレスを買ってあげた。その後たまたま彼女が自分のNYの店にふらっとやってきたことをきっかけに始まった。

と、気づけば彼の壮大なスピーチをかれこれ2時間聞いて、さすがに眠くなったので帰りました。何も売りつけてこず、もちろん何も買わず、連絡先も滞在ホテルも聞かれずに。わたしはバザールで買いたいものがあると言うと、ひとりで行くとワイワイうるさいから一緒に行ってやる、と言い翌日12時に待ち合わせる約束をして安全に彼の店を出ました。

翌日、内心あまり一緒に過ごしたくないタイプの男だったので迷ったのですが、バザールにひとりで行くと面倒くさそうな気がしたので、結果30分遅れて待ち合わせに行ってみました。この男は道でキョロキョロしながら待ってました。翌日もずっとわたしを韓国人だと信じ込み、日本人の悪口やら色々話しながらグランドバザールでのわたしの買い物やら両替に付き合ってくれました。
思い通りのものが買えて満足だったのですが、買い物の際につい興奮して「あ、でも」と日本語が出てしまいました(不覚!)。その時この男は目を丸くして「日本語も喋れるの?」ときょとんとしていました。頭のいい人ならこの時点ですぐ気づくでしょうに、やはりこの男はその程度の頭なんですね。

しかしその時点では詐欺男だと知らなかった私は、断食中の暑い日中にわたしの買い物に付き合うこのおバカな男が可哀想になり、そろそろ旅の終わりだしまぁいいかと思い「わたしは日本人なんだよ」と白状しました。

その時の彼の驚きようといったら・・笑
今思えばこの後に半殺しにされていてもおかしくなさそうですが、別に何も怖いことも不気味なこともセールスもなく、ふざけて軽く羽交い締めにされただけでまた店に戻ってアップルティーをもらい話をしながら、空港までのタクシーも呼んでくれました。このタクシーは普通のタクシーで英語も喋れないおじさんでした。もちろんメーター正規料金で、回り道することもなく安全に空港まで行けました。

わたしは現在ドバイで客室乗務員をしているので、毎日仕事中もプライベートでも数えきれないくらいの"怪しい"男たちに出くわしています。"人を見たら泥棒と思え"の毎日です。誰かに「どこから来たの?」と聞かれても絶対に日本とは答えません。たいてい、韓国、台湾、カザフスタン、モンゴル等と答えています。もしくは養子でカナダで育ったとか・・笑 というかそのテの質問は無視するのが良いです。トルコはもちろん、日本より経済レベルの低い国で日本人とバラして良いことなどありません。

日本人は本当に心根が優しくて、こういう被害に遭う方が絶えないことに心が痛みます。海外に出たらみなさんもトルコ人のようなレベルの低い人たちに負けず、こちら側もどんどんウソをついてご自身の身を守ってください!!

スルタンアフメットは便利で気に入ったのですが、またこの男と出くわすのが嫌なので、次回は宿泊エリアを考えないといけないなぁと思うと少し残念です。

長々と失礼いたしました。

Posted at 21:49:46 2013/07/20 by Yunn

この記事へのコメント

kage

日本人女性はモテる!

Yunnさま

はじめまして、コメントをいただきありがとうございます。
旅先で知り合った人物が、ネット上でこんなことになっていて、さぞ驚かれたことと思います。
Ce○○○(面倒なので以下C)の投稿や情報は、その数、他サイトでの大物有名詐欺師に迫る勢いではないでしょうか。次から次へと日本人女性に接触している状況がよくわかります。
また、いただいたコメントを読み、相変わらずCの妄想には呆れ返るばかりなのですが、Cが「韓国人」女性にも変わらぬ態度で挑んでいることに驚きました、日本人女性専門詐欺師とばかり思っていましたので。。。
まぁ、詐欺師ですから隙あらば人種を問わず、といったところなのでしょう、他の国の女性も騙される事のないよう気をつけてほしいですね。

中東で百戦錬磨のYunnさんおっしゃるよう、どんなウソをついてでも自分の身を守るのは大事なことですね。カザフスタンやモンゴルもいい手だと思いました。
今後も良きアドバイスあればよろしくお願いいたします。また遊びにきてくださいね。

Posted at 18:07:04 2013/07/22 by zen

この記事へのコメント

kage

絶対に諦めないで!

T さま

はじめまして、コメントをいただきありがとうございます。
ブログを見つけてとても驚かれたことと思いますが相手はプロ、Tさんが愚かだなんてとんでもないです。お辛いとは思いますが、どうか立ち止まらずに一歩一歩前に進んでくださいね。

また、Tさんが受けられた被害の大きさに驚いています。内容によっては警察に行ける話ではないでしょうか。もしもTさんがなんらかの「行動」を起こされるなら非公開でメールアドレスを教えてください、お伝えしたいことがあります。

Posted at 17:18:45 2013/08/30 by zen

この記事へのコメント

kage

ビンゴ!

とるとる子 さま

手口の詳細をありがとうございました。
投稿いただいた「偶然の出会い」ですが、おっしゃるように「偶然を装っていた」可能性大です。二回目以降は後をつけられていたのかも!以前にも同じような話を何度か聞いたことあります。
また「日本語がそれなりに話せる」とは驚きました。最新情報として追記させてくださいね。よろしくお願いいたします。

Posted at 14:28:14 2013/09/30 by zen

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。