2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cexxx Kuxxx 窃盗 恋愛詐欺 結婚詐欺

kage

2010/12/20 (Mon)

店名 GALLARY CExxx → GALERi AKAxxx → CExxx ART→Carxxx & Kixxx

偽名 ARAS アラシ アラス、ダニー、ロベルト、ロベルト サド
 

心当たりのある方はコチラ

■特徴

本名 チェ○○○ ク○○ 
観光地にはおよそ似つかわしくないビジネスマンの服装をしています。
身長175cm(自称185cm)浅黒い肌、黒髪でオールバック、歯並びが悪く、イタリア人やスペイン人と偽り英語で話しかけてきます。(日本語が上達したという情報アリ)
自称独身ですが既婚で子供もいます。

実業家、弁護士、大学教授、ACミラン所属の元サッカー選手、政府の仕事をしているなどと言い、高学歴・高収入のエリートかつワールドワイド、グローバルな男をアピール。「東京大学や慶応大学、青山学院大学など有名大学のイタリア語教授として」「日本に店を出すため」「日本語学校に入学するため」など、今回限りで関係が終わらないと思わせるためなのか、近いうちに日本に長期滞在すると必ず言います。また、日本語学校の【入学願書】を講師として招かれた証拠書類として使っているそうです。

主にブルーモスク、アヤソフィア、トプカピ宮殿の出入り口や施設内、グランドバザール出入り口付近を張り込んでいますので注意してください。フリーパスも所持しているため自由に出入りできます。
またブログ告発以降は、ライバル店の嫌がらせ、女性の誘いを断ったためwebで中傷されているなどと被害者を装っている他、「ブログにコメントした人物を弁護士が逆探知して特定した」などとあり得ないホラ話(笑い話)も披露。

■ 手口と被害

日本国内でも活動しています、被害に遭われた方は日本の警察へ!

クレジットカード不正請求についてはコチラ(2012年5月追記)

Cに親切にしてもらう→クレジットカードが紛失→限度額上限をキャッシングされていた。(2012年6月追記)

旅行者に声をかけ観光案内、お茶や食事を振る舞う、スカーフや雑貨などのプレゼント攻撃、空港までの送迎、買い物に付き合った際の荷物持ちなど、至れり尽くせりの接待後男女の関係に持ち込み、女性の滞在中に自分のお店で絨毯や雑貨を販売するなど【恋愛商法、デート商法】を繰り返しています。そこでしくじった場合もめげることなく、帰国後に電話やメール、LINE、Viber、スカイプなどで口説き続けます。「トルコに来て絨毯を買って」と甘えることも忘れません。
また、霊感商法まがいの手口で心理的に女性を操っているとも。

以前はSNSやSkypeなどインターネットを駆使してカモ探しに必死。また愛人の友人、高齢者女性など手当たり次第に誘惑します。
愛人たちに日本でキリムやバッグを販売させる、日本でのビジネス話を持ちかける、といった情報も複数の方から寄せられています。トルコ雑貨のお店を開くため、青山の家賃50万円の店舗物件を貸りるようメールが送られてきたので、初期費用の半額の200万円を送金するよう女性が言うと、二度とビジネスの話は出なくなったといいます。また、チェ◯◯◯の術中にハマり、数百万円「貸して」しまわれた被害者も。(後で払う、後で返す、を信用するのは厳禁です!)

★フランス語の疑問★
チェ◯◯◯の「フランス語での電話の応対」はホラ話を信じる要因になっているようですが、あれは会話ではなくセリフです。カモを騙すべく、なんらかの文章を多言語で覚えて、一人芝居をしていると思われます。現に「鳴ってもいない電話に出て、突然フランス語を喋りだした」という目撃証言も!

2009 公文書偽造、虚偽申請の罪で成田で入国拒否
2010 12月(?) 日本人女性を殴打し警察に連行される
2011 クレジットカード詐欺発覚。以降カード詐欺や窃盗の情報が多数寄せられる
2012 夏 念願の日本再上陸を果たし、日本国内でも活動開始


このような事実をこの男に突きつけてもあらゆるウソで言い逃れをします  絶対に騙されないでください!

SAD STORYに騙されないで!!! 全部ウソです!!! お金を借しても戻ってきません!!!  

何を言われても絶対に信じてはいけません!!! ハニー や baby はあなたの他にも大勢いますっ!!


これ以上犠牲者を増やさないために 詐欺情報を検索したらすぐにヒットするよう、新しい偽名や店名などを入手された方は、掲示板など、サイトに掲載しましょう。
また、イスタンブール及び日本国内でこの男に声をかけられている女性を見かけたら危険が迫っている事を教えてあげてください。あなたのお祖母さん、お母さんがトルコ旅行に行かれる場合も事前に教えてあげましょう。

被害を防ぐ対策 としては関わらないのが一番ですが観光名所など獲物を探し徘徊しているため遭遇する可能性があります。「ナンパされた」「目があった」など危険が及んだ場合はすみやかに避難してください。誤って知り合いになってしまった場合、決して連絡先を教えてはいけません。既に教えてしまった方は、ただちに着信拒否、受信拒否、メッセンジャー、Skypeコンタクトリスト、LINE、Viber からの削除又はブロックをお勧めします。住所を教えるなどもってのほかで、ある程度関係が発展すると知らないうちにトルコ雑貨が届き、手先として働かされることもあります。そのような場合は受け取り拒否か、着払いで送り返してください。

もしもワナにかかってしまったら すみやかにイスタンブール領事館、トルコ警察、日本の警察、弁護士に相談しましょう。泣き寝入りは絶対にいけません!
現地で何かがおかしいと気づいた場合は帰国する前に警察に行き、被害届を受理されることが大切です。
(領事館や大使館で通訳を紹介してもらい、トルコ警察へ行くといいでしょう。通訳の料金は1時間¥3,000〜)


イスタンブール領事館のホームページより「恋愛詐欺に関する注意喚起」
http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/consulate_j/ryoji/oshirase8.html#17




ARAS  MİRİOGLU MIRIOGLLI  MIRIOGLI MILIOGLLI MIRI MILI Danny Arioglu アラス・ミリ アラスミリ アラス ミリ トルコ旅行 クルド料理 遠距離恋愛 Some Day honeyy Facebook Gezgin kilimch Myspace kilim saadet キリム 国際裁判 警察 暴行 自慢 勘違い Love Turkey 六本木 新宿 表参道 南青山 麻布 大阪 兵庫 北海道 Istanbul トルコ人 彼氏 ICクレジットカード詐欺 暗証番号詐欺 サイン ねつ造 証拠書類 語学スクール 置き引き スリ 盗難 旅の準備 気候 天気
※検索キーワードに関してお気づきの点があればお知らせください

この記事へのコメント

kage

恋愛詐欺師 Cexxx Kuxxx は熟女がお好き?

母は恋愛詐欺師 Cexxx Kuxxxを知ってます。8ヶ月前一人で3回目のトルコ旅行して、Cexxxの店に立ち寄り、彼に親切にしてもらい、いい思い出ができたと。
母を店の椅子に座らせ、Cexxxは膝まずいて、恋人になって欲しい と肉体関係せまったとか。
初対面でそこまでできませんと断ったとか。

母は今年65歳。母は戸惑ったけど嬉しかったと。

2011-03-13の投稿です

Posted at 14:05:01 2012/02/26 by 熟女の娘

この記事へのコメント

kage

Re 恋愛詐欺師 Cexxx Kuxxx は熟女がお好き?

>熟女の娘さん

危ないのは新宿、渋谷、六本木界隈とばかり思ってましたがこれからは巣鴨でも充分な注意、呼びかけが必要ですね
熟女の娘さんのお母様がご無事でなによりでした

Posted at 14:08:53 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

No Title

ZEN様、削除などの妨害行為に負けずこれからも情報発信頑張って下さいね!片棒を担いでいる女性達も、最後に身も心もお金も吸いつくされてからやっと気がつくのだと思います。(詐欺情報を知った多くの方は、早く気がついて、詐欺師達もそういう事をできなくなると思います。)
情報発信は、本当に大切です!

2011-04-04の投稿です


Posted at 14:12:48 2012/02/26 by スルタン通り

この記事へのコメント

kage

身も心もお金も吸いつくされる

スルタン通さま 

応援ありがとうございます
「最後に身も心もお金も吸いつくされる」まさに恋愛詐欺師たちにぴったりなすばらしい表現だと思います。詐欺師に加担する日本人協力者の女性達には早く目を覚ましてほしいですが一番大切な事は彼女達も騙されているか夢を見ているだけで本当の悪党は詐欺師たち張本人であることを忘れてはいけませんね。ゴミ以下、ダニ以下、ホコリ以下の犯罪者たちはいつになったら山に帰るんでしょうか?早くその日が来て欲しいですね!
2011-04-04の投稿です

Posted at 14:17:03 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

この人…

私、最近トルコで知り合いました!自分のブログにも書きましたが… グランドバザール入り口付近で捕まりました。
こんな人とは知らず、お茶してしまった。
友達と2人だったからかもしれませんが、かなり、日本人女性はクズだトークを延々とされ、もう日本人とはヤリたくないって話を数時間。
その後、夕飯を誘われましたが、断って良かった~!
でも、お店で特に何も売りつけられなかったので、良い人だと思って日本人女性を情けなく思ってしまいました。自己嫌悪。



月収は100万ぐらいあるから、もうお金はいらない。これからはビジネスの手法を変えるって言ってたんで、これからは手口を変えてくるかもしれませんね。
皆さん気をつけましょ~

2011-04-06の投稿です

Posted at 14:20:37 2012/02/26 by アイ

この記事へのコメント

kage

Re:この人…

アイさま
はじめまして コメントありがとうございます、ブログ拝見しました
今すぐ旅にでたい→「トルコ2日目」29歳伊人http://ameblo.jp/love-seyahat/entry-10837283352.html
「客引き被害」http://ameblo.jp/love-seyahat/entry-10857020221.html

詐欺師のくせに被害者ヅラですかっ!ありがちですね
お店では何も売りつけずいい人をアピール→帰国後電話やSkypeで口説く→愛人→金 トル男定番の手口です
話すだけでも最悪なのに2時間も愚痴を聞かされるなんて旅の汚点になってしまいましたね かわいそうに・・・
これは新たなパフォーマンスだと思います、広めましょう!!!


2011-04-06の投稿です

Posted at 14:34:57 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

詐欺師は皆同じ

私の出会った詐欺客引きも、アイさんのコメントにあるのと同じでした。日本人女性の悪口を言いながらも、金と身体だけは、しっかりいただく。
こんな卑怯でムカつく人種見たことないです。
一般のトルコ人達も、「最低」って言ってました!

2011-04-06 21:18:29の投稿です

Posted at 14:39:10 2012/02/26 by ZENさん支持者

この記事へのコメント

kage

No Title

ここで、アイさんを見つけ、アイさんのブログ訪問しました。リンク以来かきこさせていただきました。
zenさんのブログは確実にアイさんを守りましたね!文は強しです^^

2011-04-06 22:36:06の投稿です

Posted at 14:41:44 2012/02/26 by savetheJapanese

この記事へのコメント

kage

感謝

ZENさま



ブログ作ってくださっていてありがとうございます。
3月にグランドバザール出口付近にて、通りすがりに、Cに話しかけられました。(被害はなしです)
挨拶→日本の地震被害のこと→いろいろ私への質問→お茶の誘い、で、私がグループツアーで集合時間があると断ると名刺を渡してきました。



帰ってきてメールでも、と思っていたら、こちらのブログや、他の日本人のトルコの彼氏と紹介されていて、まあびっくりです。
被害はないですが、目が覚めました。

日本ではナンパされても無視するのに、外国で声をかけられて、ほめられると危険だと警戒しつつもなぜか嬉しいですからね。あぶないあぶない・・

2011-04-10 19:40:59の投稿です

Posted at 14:44:11 2012/02/26 by hana

この記事へのコメント

kage

やりましたね!!!皆様はじめまして、コメントありがとうございます

zenさん支持者さま←(メッチャうれしいです)

日本人女性の悪口を言いながら口説くというのは「日本人はムカつくけど君は特別だよ」と言うための前フリなのでしょうか?その悪口もきっと奴らにとっては、いっぱいいっぱいのやせ我慢なんでしょうね、全てにおいて意味がわからない詐欺師たちです



savethejapaneseさま

いつもありがとうございます! STJさんが背中を押してくださいました、そう言って頂けると報われます 



hanaさま

本当に本当によかったです!!!告発ブログやってよかったって心から思いました

今までは「被害に遭う前に検索してヒットする」事を目標にがんばってきました。これからは「出発前に知る事が出来る」を目標にがんばっていきたいと思います、hanaさま、皆様何か良いアイデアやアドバイスあればお願いいたします

それから旅行中の「出会い」は楽しみの一つでもありますよね、いい社会勉強や思い出になりますから。それを悪用する詐欺師達・・許せないです。「いつまでも調子に乗っていられると思うなよ」と言ってやりたいですね、被害がなくてホントによかったです!!!

2011-04-10 19:42:05 の投稿です

Posted at 14:48:20 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

私も会いましたよ。

1週間前イスタンブールで会いました。
笑っちゃうくらい上等な嘘をついていて、私がもしも20代だったら、だまされていたかも…なんて思ったりして。イタリアから今朝帰ってきて、イタリア語の教師をしていると言ってました~。で、2週間後に、JETROだかなんか忘れたけど、なんかの関係で慶応か東大でイタリア語?教師をすることになっていて、麻布に住む家も用意されてるって言ってました。ちなみにサラリーは月150万くらいって言ってたかなぁ???いまどき、単なる外人教師にそんな金払うアホは日本にはいませんよ。それに、おみやげ屋を経営してるって言ってて、ちょっと矛盾してておかしな話ですよねぇ?それから、私はその日の飛行機で帰国するって言ったら、「そうだ、フランス人を迎えにいくついでに、車で送ってくよ」だって。話できすぎ。ものすごい暑い日だったので、スタバでマンゴージュースおごってもらって、その場で別れました。深入りせずにすんで良かったです。それにしても、そんな有名人に会ってしまったとは・・・(驚)。そうそう、「私は44歳」と言ったら、「僕は君より一つ年上」と、訳のわからないことを言ってて、誰がど~見たって45には見えないから、「口先だけで調子いい奴」という印象でしたね。いちおう電話番号載せときましょうか?0532-603-xxxx 世界中どこでも使えるらしい。あ、名前はARAS(アラシ)って言ってました。

2011-07-26 09:39:15の投稿です

Posted at 15:11:48 2012/02/26 by るみ

この記事へのコメント

kage

追伸

くそ暑い中、ワイシャツにスラックスで、いかにもサラリーマン風でしたね。私はまったく好みじゃないし、どちらかというと嫌みな感じの男で、日本人ウケはあまりしないのでは?
それよりも、前日に会った絨毯屋ナンパ男の方が、はるかにカッコよくて思わず酔っぱらってしまいましたよ。なんせお茶もジュースもワインもランチもごちそうしてくれましたから。絨毯屋にも連れてかれたけど、「買う余裕なし」と一蹴。あれだけお金使ってくれて、彼は1銭も得をしなかった訳で、いったい何が目的なのかな?と不思議に思ってたところでした。でも、こちらのブログを見て分かりました。奴らの狙いは、短期戦ではないということを。ようするに長期戦!なんですね~。恐ろしい。


2011-07-26 09:41:19 の投稿です

Posted at 15:13:23 2012/02/26 by るみ

この記事へのコメント

kage

Re:私も会いましたよ。

るみさま

会っちゃいましたか、チェ○○○に。
相変わらずの「イタリア人、高学歴、高収入、フランス人の客(=カモor愛人)近いうちに日本に住む」だったんですね?全ての話が矛盾だらけで、後々考えると笑えるものばかりです。大幅な年齢詐称は初めて聞くパターンでしたが、るみさんには成熟した大人の男に見られたかったのでしょうか??(笑)実際は1980年生まれ。父親が出生届けを出したのが2年後だったため、パスポートは1982年生まれになっているそうですが、真実はわかりません。
私はイスタンブールを訪れたことがないので、絨毯屋達のイケてる度合いが分かりませんが、見た目、教養など、総合的にやはりチェ○○○はイケてないのですね?しかも、他の絨毯屋達の接待の話を聞くと、ディナーやら、クルーズやらなんだかとても豪華ですが、この男の場合はスタバでお茶すると聞きました。それってセコイってことでしょうか?そういうことからもこの詐欺師のしょぼさが伺えますね
それと、前に自分はイタリア人とトルコ人のハーフでイタリアの名前がARASと言っていましたが、やっぱり偽名に使っているのですね?ブログに加筆しておきます。いろいろと貴重な情報をありがとうございました。電話番号に関しては、記事がアクセス禁止処分を受けたり、現時点ではなんやかんやなので、修正させて頂きました(スミマセン。。。)
なにはともあれ、るみさんが何の被害もなくて本当によかったです。旅行は楽しまれたのでしょうか?前日に出会ったというイケてる絨毯屋も詐欺師でないといいですね! 長期戦で執拗に日本人をつけ狙う詐欺師たちを阻止するためにも情報開示と注意喚起が大事だと思っています。今回はコメントを頂きありがとうございました。これからも、よろしくお願いいたします

2011-07-27 20:54:50の投稿です

Posted at 15:19:33 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

驚きました

いや~。ぶっちゃけ驚きました。実は、トルコの別の地方都市にに友人(トルコ人女性)がいて、彼女の誘いでトルコには訪れました。

トルコ旅行中の最後の2日のみ単独行動だったのですが、その友人には、「トルコの男は最低だ」なんて口が裂けても言えません。

一方、私が前日会った絨毯屋は、名刺にも本人の名前が書いてあって、絨毯屋HPもちゃんとありました。フェイスブックもあって(と言っても、更新は去年からしてなくて友人はロシア系女性数名のみ、ステイタスにも子どもたちと一緒に写ってる写真が載ってて(本人の子どもかどうかは謎)、とりあえずまだマシですかね?
しかし、会ったその日に私のスカイプにコンタクトしてきた履歴が残っていた以来何の音沙汰もないし、どっちみちイスタンブールによくいる類の男なんだと思います。あれからHPでいろいろ探しましたけど、彼の情報はまったくなかったので、きっとほんの出来心か?悪人になりきれない残念な詐欺師か?見習い期間の初心者か?いずれにせよ、そんなもんだと思います。

まー、彼の場合はホント見た目が悪くないんですよね~。雰囲気も悪くないし、しゃべってても嫌みじゃないし、人柄も良さそうなんですよね。なんて、褒めても仕方がありませんが、「トルコの男はセックスが強いから、日本女性にモテる」と心から信じているようでしたから、そこはキッパリ「そうじゃない。トルコの男は別に日本人にはモテてない!ごく一部の女性だけが好きなんだぞ!」と言っときましてけど。

そうそう、彼にしてもCexxxにしても、そこそこ英語は上手なんですよね。トルコの人は、基本、英語しゃべれませんから、それから考えると、けっこう高学歴っぽく感じましたけど。

けど、生きるために(詐欺するために)英語を習得したのかはさておき、それだけしゃべれるなら、もっと別の道にそれを生かしたほうが良いのではないかと思います。人の心をもてあそぶような詐欺をはかる最低な人間が、あんなにおいしくて美しい国にうようよいるかと思うと、とても悲しい事実に思えてなりません。トルコのほとんどの人は、皆親切でいい人ばかりです。ごく一部のバカ者のせいで、トルコがさげすまされるのは残念なことですね。

あ、もうひとつチェ○○○で思い出したことがあります。私と会った当日が誕生日だと言ってましたよ(笑)。7月19日でしたかね。

2011-07-30 07:50:27  の投稿です

Posted at 15:24:01 2012/02/26 by るみ

この記事へのコメント

kage

Re:驚きました

るみさま
ご友人のトルコ人女性は、一部のトルコ人(クルド人)が外国人を騙し、詐欺を働いている事を全く知らないのですか?ムスリムの女性達は、自国の男性が異教徒の女性にどれだけ迷惑をかけている事を知っているのか?また、そういう事実を知ったらどういう反応を示すのか、興味ありますね。
それはそうと、その後例のかっこいい絨毯屋から連絡はありましたか?^^フェイスブックでの友達がロシア系女性というのは、ロシア専門の詐欺師ではないか?とか、人柄が良さそうに見せかけるのが手口、とか、一部の詐欺師のせいで、絨毯屋=全員ワルと思ってしまいがちですね。勿論、そうでない人もいるとは思いますが、イスタンブール在住のトルコ人男性の知人は、トルコには詐欺師でない絨毯屋も沢山いるけど、スルタンアフメットの絨毯屋はほとんど詐欺師と言ってました、実際はどうなんでしょうね?そのイケメンとは「ステキな思い出」ということなので、イスタンブールによくいる類いの男でないことを祈りましょう(笑)
「トルコ人男性の夜のこと」については、スルアフではそれが常識のようになってるみたいですね。ホント、むかつきます。学歴はチェ○○○は小学校4年生までの就学で、スルアフのクルド人の中では平均だとか。小学校に通ったことない人もいるらしいです。だから、モラルが低いのでしょうか?それにしても、「騙された人は傷つく」という最低限のことくらいは、知っておいて欲しいものです。

2011-08-04 09:46:49の投稿です

Posted at 15:42:52 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

教育

ええええ~~~!!小学校4年までしか行ってないんですか???これまた驚きです。それにしては、英語はうまかったですねー。こちらのブログにある「なりすまし」の英文はちょっと稚拙ですが、面と向かってネイティブスピーカーじゃない相手としゃべる分には、まったく問題がないくらいペラペラしゃべってましたよ。なので、英語を独学で学んだかと思うと、けっこう頭が下がります(笑)。と、感心してる場合じゃないですね。トルコ人の友人とは、連絡はとってますがこの先いつ会えるかわからないし、彼女は田舎の子だし、たぶん知らないと思います・・・。知ったら腰抜かしそうだし・・・。あ、でも、今回の旅行で知り合った、日本語のできるガイドさん(トルコ女子)ともつながってるので、ちょっと聞いてみようかな~。そうそう、あの絨毯屋からは、昨日スカイプがきました。実は、私は仕事で海外にいて、いつもモバイルのスカイプがONになっていて、普通に電話みたいにかかってきてしまうので、焦りましたけど。「後で連絡する」と言ってチャットを閉じました。彼がその後ONにしていないので、それっきりです。まー、間違いなく「いわゆるイスタンブールの絨毯屋」だと思いますよ(笑)。

2011-08-05 06:16:38の投稿です

Posted at 15:44:13 2012/02/26 by るみ

この記事へのコメント

kage

Re:教育

るみさま
絨毯屋には、なにかと驚かされますよね。確かに小学校中退で、丁稚奉公しながら語学を身につけた、なんて聞かされたら優しい日本人女性は、同情と尊敬で詐欺の魔の手にかかったようなものかもしれません。同情は禁物です!ま、この男の場合は自称大卒で数カ国語喋れるっていう肩書きでしたけど(笑)代わりに、妻子が死んだというSAD STORYが用意されてましたね

それから、前日のかっこいい絨毯屋ですが、ベタなスルアフの絨毯屋は、しつこいのが共通しているみたいです。少々冷たくしても、全く傷つかずガンガン向かって来るとか。その人、もしかしたらお金目当てじゃないのかも!?いやいや、そんな訳ないか・・・それこそ、今回の旅行で知り合ったというトルコ人女性のガイドさんはその辺の事情もかなり詳しいのではないですか?是非、そのカレについても聞いてみてください(笑)
ところで、ちょっと言いにくいのですが、実はるみさんが最初にコメントをくださった次の日にチェ○○○から返信コメント(?)のようなものがありましたが、知ってましたか?なぜか「ブログの紹介」(→現在は、メールの送信元/IPアドレス追跡方法)という記事にコメントしてある上、他人になりすました風にしてあって、内容も笑えます。単なる荒らしのつもりでるみさんとは、全く関係ないかもしれませんがタイミング的にそうかも、とも思えます(お気を悪くされたら申し訳ないです) あまりにもくだらないので、削除しようかと思いましたが、詐欺師の生の声というのは珍しいので、一応掲載しました。よかったら読んでみてください、意味不明で笑えます

2011-08-07 19:58:34  の投稿です

Posted at 15:47:34 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

GALERi AKASYA (店名)

名刺は店名だけ。

内容はーーー住所、電話番号、メールアドレスを投稿いただきましたが省略させていただきます zenーーー
名前はARASと裏に書いてきました。
年は31歳1980年9月1日生まれと言っていました。東京大学のイタリア語教授として日本に行く日が誕生日。
つまり昨日の土産物屋が怪しかったので興味本位でネット検索したら詐欺師検索サイトhttp://www.suspectedscammers.com/viewc.php が出て来ました。もう少し検索してたらココの写真を見て昨日会った男と同一人物でした。手口も同じで世界各国に土産物があり9月に日本でイタリア語を大学で教えるけど、それは副業で本業として店を出したいと言ってました。お金の話ばかりするから信用できないと思いながらも高級ワインだと言う代物を頂いてきました。しかし実際には栓が空いていて半分くらい減っていたので私の前にカモにされた人の残りを頂いたのかも知れません。今は明日から近くのホステルに移動するので再会した時どうしようか考え中です。

とにかく写真を載せてくれてありがとうを伝えたくて筆を取りました。かなり自然体なので誕生日で嘘吐き野郎センサーが作動しなければ全て信じてたかもしれません。でもこのサイトを見るまでは詐欺だとまでは思っていなかったのでメールと電話番号を教えてしまいました、失敗ですね。

2011-08-21 23:51:04の投稿です

Posted at 15:53:09 2012/02/26 by 詐欺師は国を超えてまで会いに来ない。

この記事へのコメント

kage

Re:GALERi AKASYA (店名)

詐欺師は国を超えてまで会いに来ない。さま


はじめまして、コメントと情報をお寄せくださり、ありがとうございます

名前、店名共に偽名を教えられながらも、よくこちらのブログを見つけられました。メールアドレスを検索されたとのこと、こういうパターンもあるのだな、と思いメールアドレスはそのまま掲載することにいたしました(電話番号と住所は13番と同じ理由で一部修正させて頂きました)そしてどんなに偽っていようとも「写真は決め手になる」ということも、よく分かりました。この店名は初耳です、娘の名前ですね。そして偽名はまたもARAS。掲載すれば、また変えるでしょう。しかし変えれば、また載せます。いたちごっこかもしれませんが、騙されている方が、一人でも減ればと思い続けていこうと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

注)コメント18は修正させていただいたため、実際の投稿日とは異なります

2011-08-22 00:45:16の投稿です

Posted at 16:08:51 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

たぶん

私がチェ○○○からもらった名刺も、18のコメントの方と同じだったと思います。どっかいっちゃったので定かではないのですが・・・。詐欺師からのコメント、というのも見ましたよ。文章にすると、きちんと教育を受けていないことがわかりますね(悲しいことに)。私が前日にあった絨毯屋からスカイプがきましたが、私は画面で会話するのが嫌だったので、文章でチャットしようとしても、YesとかOKとか簡単な文字しか相手は送ってこず、結局画面で会話しました。たぶん、文章にするのに慣れてないんでしょうね。「イスタンブールにはいっぱい詐欺師がいるらしい」という話と、「次の日にもあなたみたいな人に会ったよ」と言ったら、その件に関しては何も言わず「また連絡する」と言ってスカイプを切りました。それ以来連絡ないですね(笑。)

ところで、zenさんは、イスタンブールには行ったことがないそうですが、チェ○○○にどんな恨みがあるんですか?(ごめんなさい。失礼な質問だったら申し訳ありません。)

2011-08-23 16:30:56の投稿です

Posted at 16:14:22 2012/02/26 by るみ

この記事へのコメント

kage

Re:たぶん

るみさま
そんな押しの弱い絨毯屋もいるんですね~。絨毯屋といえばしつこい電話、勧誘、愛していると皆三拍子揃っているのかと思っていました。チャットではあいづちだけ、というのもちょっと笑ってしまいました。ますます謎ですね・・・。

それからこのブログ、恨みがましいですか?笑 確かにちょっと、コワいかもしれませんね。でも、私、元愛人ではないんですよ、通りすがりのカモといったところでしょうか。記事でもちょっと触れていますが、トルコの詐欺師なんて存在,全く知らなかったんです。世間知らずと言われればそれまでですが、知った時はもう、本当にびっくりしました!ブログの目的は、トルコ人恋愛詐欺師が日本人女性を狙っていることを知らせるためです。彼らは平気でお金をだまし取ります。お金を「貸して」しまう前に、また超高額な絨毯を買う前に気づいて欲しいんです。

ところで、るみさんが今いらっしゃる国ではトルコ詐欺は有名ですか?日本では、まだまだマイナーで被害者が後を絶ちません。特に日本女性は優しいから被害に遭いやすい、とよく耳にします。外から見た日本人女性の印象や、騙されないためのアドバイスなどあればお願いします

2011-08-27 10:24:05の投稿です

Posted at 16:18:31 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

No Title

チェ○○○に会ってしまいました…。誕生日も名前も大学教授の話も全く一緒。帰国してアドレス検索し、ああ詐欺師なんだって今気づきました。メールアドレス教えて一度コンタクト取ったら電話してくれとか写真を送ってとか書いてあって…怪しく感じ検索。笑



自分のばかさ過言に嫌気がさします!



メール放置しようと思ってるんですけど。とりあえずSkypeのアドレスとかは別のものに変更しました!


本当、ブログ開いて下さってありがとうございます!ものすごい感謝です!



スルアフ付近は本当危ないですね。あんなに素敵な場所なのに悲しいです。

2011-09-04 17:43:57の投稿です

Posted at 16:22:00 2012/02/26 by ともぞー

この記事へのコメント

kage

No Title

よかった~またzenさんのブログ役にたちましたね!ともぞーさんも、ほんとになにごともなく、よかったです。ばんざーい!打倒Cexxx!

2011-09-05 15:10:40の投稿です

Posted at 16:23:37 2012/02/26 by cinemania

この記事へのコメント

kage

Re:無題

ともぞーさん

悪いのは全て、アイツです。どうかご自分を責めないでくださいね。出会った相手がたまたま詐欺師だったというだけです。それよりも、アドレス検索でこちらにたどり着かれたということ、、、やはり、疑問を感じたら即検索することと、悪い奴に出くわしたら何か一言でもいいから、「本人に繋がる何か」をどこかに書き込む事が大事なんだな、と改めて思いました。

チェ○○○に「ネットで見たから」などと言おうものなら、どんな災難がふりかかるか分かりません。放置で正解だと思います
今回はともぞーさんのお役にたてて嬉しいです。コメントありがとうございました

2011-09-05 20:58:46の投稿です

Posted at 16:25:28 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

打倒 詐欺師

cinemaniaさま
シネマニアさん、こんにちわ コメントありがとうございます
私だけの力ではありません!読者の方や、今までCに接触された方々が投稿してくださったお陰で、「被害を防ぐ輪」が広がっているのだと思います。原点はシネマニアさんのブログですよ~(‐^▽^‐)

http://blogs.yahoo.co.jp/rikatyan0311「トルコ恋愛詐欺問題」

2011-09-05 21:05:08 の投稿です

Posted at 16:26:57 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

No Title

はじめまして。
私も今年の夏にトルコ一人旅中に
イスタンブールの土産物屋周辺で彼に声を掛けられました。ほぼ10番目のコメントの方と同じ内容の話をされ、同じ名刺をもらいました。

その時はむしろご飯を奢ってもらったり、お店で買い物もしましが、額は大したことなく品物には満足しているので、全く疑う事はありませんでした。ただその際「お店からクリスマスカードを送るから」と、メールアドレスや住所を書いてほしいと言われ書いてしまいました。その時にいた他の何人かの日本人観光客の方も書いていました。日本に帰ってからメールが来たのでそれからも疑わずに2~3回メールのやり取りをしました。最近アドレスを変えたと連絡がありましたが、もちろんこのサイトを見て、最初もらったアドレス共々受信拒否にしました。

ーーーメールアドレス省略ーーー

ただ、住所を書いてしまったので、商品を送りつけられたら・・・と今とても怖いです。
また一緒に写っている写真があり添付で送ってしまいました。私の顔写真が向こうの手にわたっていることになり、とても不安に感じています。
今思えば怪しい話ばかりなんですけどね。
結果、まだ何の被害も受けてはいませんが、これから何かあるのでは?と、恐ろしいです。



とにかく、情報を公開していただき本当にありがとうございました。

2011-10-26 19:03:40の投稿です

Posted at 16:30:31 2012/02/26 by doi

この記事へのコメント

kage

油断も隙もない

doiさま

はじめまして、コメントをいただきありがとうございます

クリスマスカードを送る、などと言いお店の営業も兼ねた自分自身の営業活動の話を聞き、驚いています。海外でも国内でもサロンやショップでよくあることなので、トルコでも・・というのは当然の流れ、防ぎようがないですね。それを愛人収集作戦に使っているとしたら、相当悪質な手口ではないでしょうか?
 それと商品を送りつけられたら、と心配されていらっしゃいますが、記事の一部が誤解を招く表現であったことをお詫びいたします(修正いたしました)

あれは元愛人の方が体験された話で、勝手に商品を送りつけられ販売するよう強いられた上、「まだ売れないのか!」と罵倒される、という驚きの話でしたので、記事にしました。しかし、doiさんがまだ2~3回しか連絡を取り合っていない関係でしたら、いきなり商品を送りつけて来る、というのは考えにくいと思うのですが・・・。もしもそのようなことがあったら警察に届けたほうがいいでしょう

それから、自分の写真が悪い奴の手元にあるというのは、不安ですね。しかし今までに、そういった写真を悪用されたという話は聞いたことがありませんし、恋愛詐欺師なる職業というものは、逆に女性との写真が流出すれば困るのは自分、なのではないでしょうか?写真が大惨事を招くとは、ちょっと考えにくいと思います。 とりあえず、しばらくは様子を見つつ何か異変などあれば、いつでも連絡をくださいませ。とにかく、トルコでも帰国後も今のところは被害がないこと、本当によかったです。
これからもよろしくお願いいたします

2011-10-27 00:57:12の投稿です

Posted at 16:33:55 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

Re:油断も隙もない

zenさん


お返事ありがとうございました。
すみません、こちらもよく読んでからコメントすべきでした。何しろいかがわしさは感じていたものの、ここまでとは思わず、あらゆることが不安に思えてしまって…。
zenさんのコメントを読んで安心しました。



トルコ旅行を考えている友人にもこのブログのことを話して注意を呼びかけるつもりです。zenさん、これからも頑張ってください!!!では

2011-10-27 16:36:09の投稿です

Posted at 16:35:38 2012/02/26 by doi

この記事へのコメント

kage

No Title

先日、トルコで女二人で旅をしました。

帰国後、偶然このサイトを知りました。自分の知っている情報をお伝えします。


私たちは彼のお店の近くのホテルに宿泊しました。

毎日顔を合わせ、その度に挨拶を交わすようになり親しくなりました。

彼はアラシと名乗っていました。

彼と一緒にいる時にアラシの友人が登場しましたが、オメ○という男でした。

恋愛詐欺注意サイトに名前がよく出てくる、日本人妻を持つという男性です。

ただ、この男性に親切にしてもらったという情報もあるので一概に悪いとは言えません。

現に、旅行中オメ○に良くしてもらったという日本人男性に出会いました。

ここでは、彼らが友人関係であるということをお知らせしたいと思います
(オメ○は日本人の奥さんとは離婚したと言っていました)


私は最後まではアラシがイタリア人かどうか疑っていました。

その理由に、イタリア人の割に歯並びが悪いことが気になったからです。
ただ、彼がそこまでの詐欺師であることは見破れませんでした。


私たちは彼に騙されることもなく旅を終えたのでラッキーでした。

また、たくさんの親切なトルコ人にも出会えました。

彼のような悪い人間のせいでトルコの印象が悪くなってしまうのは残念ですね。今後も、海外に出たら気をつけようと思います。

2011-10-31 22:13:12 の投稿です

Posted at 16:39:24 2012/02/26 by RRTT

この記事へのコメント

kage

疑惑

RRTTさま

はじめまして。RRTTさんと、とても良く似た話を他の方からも聞いているので、大変驚いています。オメ○という人物があまりにもいい人だったため、怪しいチェ○○○までも信用してしまった、と悔やまれていました。また、旅行中にオメ○に親切にしてもらったという日本人男性にも会われていて、帰国後調べたところ、その男性はこれまでにネットで何度か名前があがっていたのだそうです。同じ人物なのでしょうか??


とにかく、ご友人の方と無事に旅を終えられ、よかったですですね。たくさんの親切なトルコ人に出会われたことも、楽しい思い出になったことでしょう。
それにしても、観察力のするどいRRTTさんでもワルと見破れないほど、チェ○○○の仮面は分厚いのでしょうか? さすが場数を踏んでいる恋愛詐欺師だけあって、あなどれませんね
。
今回は貴重な情報をお寄せくださり、ありがとうございました。今後も、また何かありましたら、いつでも気軽にコメントくださいませ

2011-11-03 18:33:30 の投稿です

Posted at 16:45:50 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

先日トルコでArasに会いました

はじめまして。

このサイトでArasを見つけてかなりびっくりしている20代前半女です。
先月末私も女2人旅で彼に会いました。

名前はアラス(Aras)と名乗っており、彼は29歳で出身はスペイン、12,3歳からトルコに住んでおり、11ヶ国語を話せて、世界5カ国にTurkeyランプの工場を経営しており、今月には2カ月ほど日本の麻布十番に店を出すから滞在するんだと言っていました。

実際小さな小さな工場(こうば)にも連れて行ってもらいました。

実は仕事を2つしていてもうひとつは弁護士をしている。ともいっていました。

わたしも日本語ペラペラのキルム屋さんの方にお会いしましたが、彼は特に害のある人間には見えなかったです。上の方も書かれていますが、確かに日本人の奥様とは離婚すると言っていました。

もう一人、サ○チュク?シャルシュク?という名のSHOP経営の26歳の若い男性も紹介していただき、彼らと3度ほど食事をしました。(というか、3日掛けて仲良くなりました)

アラスは友人を、サ○チュクは私狙いで、帰国前日にディナーに連れて行ってもらい、その夜友達はArasに攻められましたが彼氏がいるとかたくなに拒否し、なんとかkissだけで別れることが出来たそうです。
私もサルチュクに誘われましたが、最後までNO!と言い続けた結果無事でした。

そんな彼らですが、律儀にもホテルまでは送ってくれました。


ただ怪しいなと最後感じたのが、サルチュクとオルムさん(キルム屋)は名前は知らない1度だけ会ったことがあると言っていたのに
旅行最終日なぜかサルチュクがオルムさんの店にいたことです。


私の友達は本当に純粋な子で、Arasの気持ちを踏みにじった、ととても悲しんでいました。
とてもこのサイトに書いてあることは彼女には言えません。

ここのことは墓場まで持っていきます。

ただArasの連れて行ってくれたご飯屋さんは美味しかったですwそして彼のおかげで無茶苦茶安いスーパーに連れて行ってもらって安くお土産を買うことが出来ました。(笑)
私たちは被害という被害を受けていないので何とも言えないのですが・・・

2011-11-06 03:03:50の投稿です

Posted at 16:51:11 2012/02/26 by ちょん

この記事へのコメント

kage

メールきました。

お久しぶりです。

忘れたころに、、、チェ○○○から最近メールが届きましたよ(笑)。「トルコで会ったイタリア人を覚えてる?」と稚拙な英語で。やはり文章にすると、学力の低さが露呈されますね。単語のスペルはめちゃめちゃだし、文法もヒドイですね。自覚はないんでしょうが、インテリを自称するなら、もっと勉強するべきではないでしょうか。ちょっとかわいそうにもなりました。貧しいことは悲しいことです。貧しさゆえの、生きるためのすべが詐欺なのでしょう。まぁ、ようするにきちんとした教育を受ける機会を得られなかった悲しい人間ということで。自分自身のことを、恥ずかしいと思ったことはないのかなぁ?まぁ、ないから詐欺をするのでしょうが。

2011-11-06 23:13:19の投稿です

Posted at 21:17:43 2012/02/26 by るみ

この記事へのコメント

kage

Re:先日トルコでArasに会いました

ちょんさん

Arasの純粋さは、無知無教養のための単に知らない、考えない、エゴのつまった純粋さです。子供の無垢な純粋さとは違います。被害を受けてないと、実感できないのはわかります。とにかく長期戦できますので、ご注意を。こちらから、けっして、メールはしないように、その、友達に注意だけはしておいたほうがいいとは思うのですが。

2011-11-07 08:04:12の投稿です

Posted at 21:19:37 2012/02/26 by cinemania

この記事へのコメント

kage

No Title

zenさんお返事ありがとうございます。

オメ○によくしてもらったという日本人は20代後半の1人旅をしている男性でした。
オメ○達と一緒になって私達を騙してるようには全く見えませんでした。
私達はオメ○の自分の意見を押し付けるような物言いが好きになれなくて、関わりを持ちたくないと思っていたのでそれが良かったのかもしれません。

アラシは私達にも10月から弁護士として日本に行くと言ってましたが、お店を出すとは言ってませんでした。
嘘をつくとしてもストーリーを統一すればいいのに(笑)

出会った日から5日後に日本に行くと言っていましたが、カッパドキアに行って戻ってきた際にまだいたので友達と不思議に思っていたんです。



また、たまたま日本人女性バックパッカーとアラシが討論しているところに居合わせました。
アラシはバックパッカーの女性に私が討論の内容を理解しているか、しきりに聞いていました。
私は単語を拾って何となく理解していましたので、彼女が理解しているようだと伝えていました。

今思えば英語力や何かを試されていたのかな?と。



あと、ブルーモスク、アヤソフィアでアラシが1人でいるところを見かけました。
イタリア人がなぜイスラムのモスクにいるのだ?と不思議に思いましたが、ガイドの仕事でもやっているのかなと特に気にしませんでした。
詐欺のためだったんですね…。



このように、ちょっとずつ矛盾点が重なって無意識に疑っていたのかもしれません。
ご馳走してくれたり親切だったのでここまで悪いとは想像できませんでした。
友人がカバンの口を開けていたら、スリが危ないから閉じろって注意してくれたんですよ(笑)



本当に今回のことは勉強になりました。

2011-11-08 01:23:11 の投稿です

Posted at 21:25:18 2012/02/26 by RRTT

この記事へのコメント

kage

RRTTさま  スリって・・・(呆)

RRTTさま

再度の詳細情報をありがとうございます。一つだけ伺いたいことがあります。差し支えなければメールアドレスを教えていただきたいのですが。。もちろんその投稿は公開いたしません。どうぞよろしくお願いいたします

2011-11-08 11:55:18の投稿です

Posted at 21:26:41 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

痛烈なコメント

るみさま
お久しぶりです、お元気でしたか?

見ての通りチェ○○○は相変わらず派手にやらかしているようですが、るみさんにも未だにメールが送られて来るのですね?

痛烈なコメント、何もかもがるみさんのおっしゃる通りだと思います。しかし貧しいクルド人全員が詐欺を働いているのなら貧しさゆえの、とも思えますが、ほんの一握りのクルド人だけが旅行者からお金を巻き上げています、貧しくてもマジメに働いてるクルド人もいるのではないかと思うと、このような所業はやはり許せません。

久しぶりにコメントをいただき、うれしかったです。また遊びにきてくださいね、鋭い切れ味のコメントもお待ちしています。

2011-11-08 12:05:25の投稿です

Posted at 21:29:43 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

登場人物皆役者

ちょんさま

はじめまして、チェ○○○達に狙われ危ういところでしたね。トルコ語がわからないことをいいことに、全員グルで旅行客をあざむき、小道具や大道具どころか、工場のような大掛かりな舞台まで用意されていたら、まるで狼に狙われた羊! はぁ~・・・呆れて言葉もありませんが、そこまでして騙すことに本気で取り組んでいると思うと、ある種の恐ろしさを感じてしまいます。大きな被害がなくて本当によかったです。それからキリム屋のオルムさんとは、オメ○でしょうか?
 
トルコ詐欺師お得意の手口なのですが、旅行中は詐欺を行わずあらゆる接待を施し親切な人を印象づけ帰国後勝負にでます。そして日本人女性をいかに騙すか研究していて「Arasの気持ちを踏みにじった」と思わせるほどの演技、演出などは全て帰国後愛人にするための前フリなのです。

今回は沢山のレアな情報を教えていただきありがとうございました。最新の情報は一部ブログ記事の方にも掲載させていただきました。そして最後に一つちょんさんにお願いがあります。ご友人を思いやる気持ちも分かりますが、トルコにはこのような詐欺師が沢山いて、世界中の女性達が騙され身も心も奪われたあげくお金まで騙し取られています。被害に遭われる女性を一人でも減らすためにも、どうかちょんさんの友人の方にこの事実を伝えてくださいませ。そして海外旅行ではこのような危険があること、また自分たちもそのようなことに巻き込まれる可能性があることを知り、またその友人や家族の方々などに広めていただければと思います。

2011-11-08 12:47:52の投稿です

Posted at 21:33:46 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

入力ミスでした(>_<)

はい、オメ○さんですね(笑)

しかし本当に詐欺なんですね、まだ本当に信じられません…(多分何も被害にあっていないからなのでしょうけど)



詐欺集団なら、今回の旅でArasに会わせてもらった人間は◆オメ○◆サ○チュク◆工場の人◆背の高いビジネス仲間(イタリア人ぽい)です。
ん~これなら誰も疑わないですね。



とりあえず今は何の連絡もありません。(一応連絡先の交換はしたのですが…)


友達には時期を見て話そうと思います( ̄^ ̄)ゞ
彼女がまた海外旅行行く時くらいに(*^^*)

2011-11-13 00:43:44の投稿です

Posted at 21:39:03 2012/02/26 by ちょん

この記事へのコメント

kage

まずは下心

ちょんさま

少なくともチェ○○○は下心の先にはお金があると思います、前科もありますから。
ただ、工場の人なんかはどうでしょうね?あっちはあっちでちょんさん達の事を「オレの女だ」とか言って紹介され、騙されていたのでは?とついつい勘ぐってしまいます笑

返信コメントありがとうございました、お友達には是非!

2011-11-13 23:30:59の投稿です

Posted at 21:40:48 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

doiさま ちょんさま

早速効果がありましたよ(o^-')b ありがとうございました

2011-11-13 23:39:08の投稿です

Posted at 21:41:47 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

201112さま

はじめまして、大変貴重な情報をいただきありがとうございます。

初めて聞きました、とても驚いています。他に直接お知らせしたいことがあります。よろしければメールアドレスを教えて頂けますか?

2011-12-09 20:04:28の投稿です

Posted at 21:43:16 2012/02/26 by zen

この記事へのコメント

kage

Re:doiさま ちょんさま

who are you ?(≡^∇^≡)

2011-12-19 22:19:45の投稿です

Posted at 21:44:54 2012/02/26 by cetomun_@hotmail.com

この記事へのコメント

kage

kilim詐欺師 danny

アメブロで 2012-01-13 22:26:56 最後に投稿していただいたリリさんのコメントは保存が間に合わず、掲載することができませんでした。
内容は、去年6月にCとトルコで知り合い、今でも「トルコに来て欲しい」「キリムを買って欲しい」とチェ○○○にせがまれていたといいます。
他にはDanny Ariogluという新たな偽名やメールアドレス、スカイプアカウントを教えていただきました。どうもありがとうございました。



ここまでが、前ブログ「トルコ恋愛詐欺師 Ce○○○ 顔写真」記事タイトル「Cexxx Kuxxx妻子持ちの恋愛詐欺師」と、最後までアクセス禁止で閲覧不可だった記事「お知らせとチェ○○○について」のコメントです。

今後ともよろしくお願いいたします。 by zen

Posted at 22:15:02 2012/02/26 by リリ

この記事へのコメント

kage

ホセ様

はじめまして、コメントをいただきありがとうございます。
サイトは以前より、興味深く拝見していました。リンクしていただいたこと、大変嬉しく思います。

お礼も兼ねて、ご指定の場所に投稿しようと思ったのですが「--10」が何なのか分からず、この場にて返信いたしました。お手数ですが「--10」について詳しく教えていただけますか?

Posted at 00:20:14 2012/03/13 by zen

この記事へのコメント

kage

電話帳mar10

ホセ 様

再度のコメントと、ご丁寧な回答にお礼申し上げます。
前回は、こちらこそ大変失礼なレスをしてしまい申し訳ありませんでした。

このような「かっこいい」方法があることを初めて知りました、ワクワクしますね!また、ブログへの応援もありがとうございます。
私もホセ様にならい、みなさまの旅の安全を願いながらブログの運営に努めて参りたいと思います、改めましてよろしくお願いいたします。
また、今後もホセ様のご活躍を楽しみにしています!

Posted at 20:20:57 2012/03/19 by zen

この記事へのコメント

kage

はじめまして!

別の有名詐欺師からこちらに辿り着きました。



つい2週間程前にイスタンブールに行きましたが、ここで書かれてる人には遭遇しませんでした。

トルコに旅行するのは今回が初めてではないのですが、以前旅行した際にはこの恋愛詐欺の業界?一の有名人に避けていたにもかかわらず偶然遭遇したことはあります。



今回の旅行で絨毯屋さんには何人か声掛けられましたが絨毯売りつけられるとかはなかったです。ただ手が早いのだけは共通してた気がします。

これらの件に関して詳しい情報を共有したいのですがzenさんと連絡とるにはどうすればいいでしょうか?メルアド載せればいいのかなぁ?

詐欺やってるのって絨毯経営者だけ? 2011-12-28 02:18:18

Posted at 17:33:56 2012/05/22 by 詐欺やってるのって絨毯経営者だけ?

この記事へのコメント

kage

絨毯経営者以外も詐欺をすると思います

詐欺やってるのって絨毯経営者だけ?さま

はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
トルコではここに書かれている人に遭遇しなかったことと、絨毯を売りつけられる事なく帰国され、よかったですね。イスタンブールは寒かったですか?
情報の件、ありがとうございます。私は絨毯屋事情にはうといのでお役にたてるかわかりませんが、メールアドレスをいただければ返信いたします。もし、読者の方々とも情報を共有していただけるのであれば、そのまま書いていただいて結構ですよ。ではよろしくお願いいたします。

2011-12

Posted at 17:36:36 2012/05/22 by zen

この記事へのコメント

kage

親切商法

あい さま

はじめまして、コメントありがとうございます。
オメ◯は、多くの旅行者ブログに「いい人、親切、助けられた」などと書かれていますが、本音は「日本人が大嫌い」なのですね?驚きました! おそらく、Cをはじめとする多くの絨毯屋がそうなのでしょう。
 最近釈放されたネパール人のマイナリさんに言われるなら分かりますが、トルコの絨毯屋にそんなこと言われたくはないですし、嫌いなら嫌いで、日本人にかまわないで欲しいです。
 
それから、クレジットカードの明細の確認はお済みでしょうか?お店に立ち寄っただけで、この店から請求がくる被害が多発していますので、今後数ヶ月は、不審な請求がないかカード明細をチェックしてくださいね。

名前についてですが、こちらのブログ会社ではトルコ詐欺師の告発に、当て字その他の実名が分かる表記はダメみたいですので、お手数ですがオメ◯、チェ又はチェ○○○と修正していただけますか?
よろしくお願いいたします。

Posted at 19:01:51 2012/06/18 by zen

この記事へのコメント

kage

先ほどメッセージしたYです

先ほどメッセージ終えたあと、皆様からの被害状況を見ていると、Cからのんきに携帯に電話がありました。「何しているの?」と聞かれ、まさか「あんたの犯罪履歴調べてるんや」とは言えず。メールにメッセージを送ったから見たら電話が欲しいと。(しませんけど)どういう持っていきかたがいのですかね。まずは被害状況を調べてみないとですが。

Posted at 01:24:42 2012/06/24 by Y

この記事へのコメント

kage

トルコ生まれトルコ育ち

Yさま

はじめまして、コメントありがとうございます。
Cと接した後、お財布に「違和感」を感じられたのなら、他の被害者の方と同様に、Yさんの知らないうちにカードが抜き取られ使われた可能性もあると思いますので、カード会社に確認してください。

また、旅行者を助けた後にカモにするのもスルタンアフメットでは定番の手口ですし、店周辺の人たち全員がグルなのかは分かりませんが、彼らにとって日本女性が騙されることは”日常”なのでしょう。全く恐ろしすぎます。

それから、Cに対して今後関わりたくないというのであれば「無視」が一番だと思います。一度相手にすると、更にしつこく連絡をしてきますし、「もう連絡はしません」などと断りを入れるなど、そんな優しさも必要ありません。

昨日、ブログを発見され、ものすごく衝撃を受けられたことと思いますが、相手はプロの恋愛詐欺師です。「不慮の事故」みたいなものですから落ち込む必要もありません!どうか、気を強く持ってくださいね。

Posted at 19:51:46 2012/06/24 by zen

この記事へのコメント

kage

オメ○とチェ○○○は

はじめまして。まさかの情報にただ驚くばかりです。実は親切にしてもらっていたので、キリムを買ってあげようか迷っていました。オメは日本人を家に招いて美味しいトルコ料理をふるまってくれます。が、日本人大嫌い、でも日本人に友達(=客?)が多いと言っていました。話を聞く限り、親切商法で近づいて、最終的にキリムを買えばいい人、礼儀正しい日本人。キリムを買わなかったら「だから日本人は最低だ」というような難癖をつけているような。
オメの家にチェが来ていましたが、お互い自分の店の方がすごいというような、当然ですが競合なので相手の良いことは言っていなかったようです。
チェは、スカイプ名がaras・・・でした。

ブログの情報ありがとうございます。おかげでキリムを買わずにすみました。
Posted at 12:34 2012-06-16 by あい

Posted at 19:54:22 2012/06/24 by あい

この記事へのコメント

kage

教えていただきたいのですが

ZENさま
コメント返信、ありがとうございます。
実は、今回のトルコへの旅、Eチケットを購入してまして、リコンファームの必要もないとトルコ航空の方からお墨付きをもらったにも関わらず、帰国当日Cと空港に行くと、「FULL」との回答、次の日のフライトとなりました。
飛行機に乗れなかったその日は、空港近くの手配されたホテルに一人で泊まり、翌日から夜中の出発まではCと一緒でした。
帰国する空港で、Cはわたしのパスポートを持って、トルコ航空事務所に行き(私は荷物を預けるためにチェックインカウンターに並んでました)Cがトルコ航空のコピーを持ち帰り私に昨日飛行機に乗れなかったためのトルコ航空ペナルティとして、1年間関西ーイスタンブルのフライトがフリーだと言うのです。帰国してそのペーパーを見てもそれらしきことはないし・・。これってトルコ航空に問い合わせした方がいいですよね。
もう、いつまでも心労が耐えません!Cはおまぬけにも今日は6回もメールを入れてきています。

Posted at 20:49:26 2012/06/24 by Y

この記事へのコメント

kage

オーバーブッキング

Y さま

 eチケットはリコンファームの必要はありませんので、オーバーブッキングで搭乗できなかったのだと思います。
確かに、予定していたフライトに問題が発生した時は、その場でクーポンが発行されますが「トルコ航空のコピー」というのがそれに当たるのでしょうか?もしも、1年間のフリーチケットというのが事実であれば、トルコ航空はまた随分と太っ腹なのですね。。。
 私もそれ以上のことは分かりませんので、この件は航空会社に問い合わせされた方がいいと思いますよ。

Posted at 18:00:38 2012/06/25 by zen

この記事へのコメント

kage

問い合わせました

トルコ航空に問い合わせました。1年間のフリーではなく、1回の関西ーイスタンブルのフリーでした。また、イスタンブルへ行く機会がありますが、スルタンアフメットではなく、アジアサイドで楽しみたいと思います。ココロがイタイ、久しぶりにココロがイタイです。

Posted at 02:26:02 2012/06/27 by Y

この記事へのコメント

kage

がんばって!

Y さま
例え一回分でも、フリーの往復航空券はよかったですね、次回は是非スルタンアフメット以外で楽しんでくださいね。

自分に対して愛情を抱いた人間が、まさか自分を騙す目的だったなどとは想像もつかず、素直に信じ、心開いた後にこのような事実を知るのは本当に辛いことだと思います。
しかし、何があろうともYさんの未来にコイツは必要ありません!立ち止まらずにどうか前に進んでくださいね。
私でお役に立てるかは分かりませんが、メールアドレスを教えていただければ返信いたします。

Posted at 22:26:06 2012/06/27 by zen

この記事へのコメント

kage

だいじょうぶ!

Yさま
お気持ち分かります。
わたしも、すべてを悟った時は胸がズキズキしました。

こんな経験初めてだったから。
これまでの人生で、学校や職場で嫌いな人ができて、
そのなかで傷ついたり傷つけたり、は誰でも経験ありますよね。
でも、Cとのことは今までの経験値でははかれないことだったので面食らいました。

はじめから騙すつもりで近づいたの?
わたしのわずかばかりのお金を取るためにあんなことやこんなことを?

気づいた時のショックはなんとも表現できません。

でも、あれからもうじき2ヶ月たつのですが、
この間、zenさんに励ましていただいたり、
カード会社と交渉したり、
クルド人の歴史について調べてみたり。(歴女なもんで)
自分なりに前向きに行動してみたところ、
今は冷静にあの事件のことを考えられるようになりました。

Yさんも、前向きに生きてくだされば大丈夫ですよ。
状況も変わるし、時間が解決してくれることも多いです。
あんなヤツ、運悪く遭遇した地球外生命体ですわ。

Posted at 23:45:28 2012/06/27 by A子

この記事へのコメント

kage

成功しますように!

z さま
はじめまして、コメントをいただきありがとうございます。
ご存知かとは思いますが、簡単にまとめますと、一般的な手順は
イスタンブール領事館に行く
通訳を伴い警察に
被害届を提出 → 「受理」
その後、各機関やカード会社に受理書を提出

という流れで、例えばカード詐欺にあった場合、返金交渉に勝つために、被害届を受理されることが最も有効な手段としているカード会社は多いです。

是非とも「受理」されるよう祈っていますね。
それが全被害者の願いでもありますから!がんばってください!
何かあればいつでも連絡くださいませ。

Posted at 16:47:39 2013/01/07 by zen

この記事へのコメント

kage

追記

トルコ人2より
http://ameblo.jp/torukojinsagishi/entry-11444815192.html

Posted at 00:52:56 2013/01/09 by zen

この記事へのコメント

kage

夢か現実か幻か

e さま
はじめまして、コメントをいただきありがとうございます。
大変、興味深く拝見させていただきました。
帰国後インターネットで検索されて本当に驚かれたことと思います。

その絨毯屋についてはどうなんでしょうね、「恋愛詐欺師である」といった投稿は見たことありませんし、多くの旅行者ブログでも「助けられた」「親切にしてもらった」と書かれおり、「困っている私のために一晩中奔走してくれた」と投稿いただいたこともあります。
しかし、その一方で土産物屋Cが恋愛詐欺師と知りつつ何も忠告してくれなかったと、彼と接触した全ての被害者から聞いていますし、Cが女性に絨毯を売りつける際には通訳もしています。ヒドいケースですと、その絨毯屋が声をかけ、Cの店に連れて行き、そこでカード詐欺にあってしまった被害者がいることも事実。(彼は、その女性が詐欺にあったことは知らなかったと言っている)
トルコという国〜何が真実で、何が嘘か? はたしてみんなグルだったのか??夢のような時間を過ごしたかと思えば、帰って地獄を味わう人もいて・・・とにかく、私達日本人の想像を超えた世界が繰り広げられていることは間違いないようです。eさんもお嬢さんも被害に遭われなくてよかったです。

それから一つお願いが。。。
お嬢さんに、親切な絨毯屋がネット上で有名人であることを話されましたか?
全部話す必要はないと思いますけど、お嬢さんの世代にも、こういう現実世界があることを広め、特に海外に行く時には注意が必要と知っていただければと思います。


Posted at 22:24:09 2013/01/23 by zen

この記事へのコメント

kage

お礼が遅くなりました

zen様

はじめまして。

去年の冬、初めてイスタンブールに行き、初日にCに声をかけられました。当初、何も疑いを持ちませんでしたが、その日のうちにzen様のブログにたどり着くことができました。

このようなブログを運営して頂き、本当に感謝しています。もし、zen様のブログにたどり着けなかったら、騙されていたかもしれません。

他にも、イスタンブールでの絨毯詐欺に注意を喚起するブログはいろいろ目にしましたが、Cの情報がここまで詳しく載っていたのは、ここだけでした。

微力ながら、自分にも何かできないかと、旅行中に会った絨毯屋のことを書くためにブログを立ち上げ、先日ようやく書き終わり、こうしてご挨拶に伺うことにしました。

厚かましいお願いなのですが、当ブログにzen様のサイトをリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

最後に、友人共々、本当に助けられました。深入りしないで済んだのはzen様のおかげです。どうもありがとうございました。

Posted at 09:11:18 2013/03/12 by zen様に助けられた者です

この記事へのコメント

kage

サイトの拡散を!

HN さま

はじめまして、まずはHNさんとお友達が詐欺師の餌食になることなく、無事に旅行を終えられ、本当によかったです。
ブログ「トルコの絨毯詐欺師達」http://torukosagi.blog.shinobi.jp/を教えていただきありがとうございました。拝見させていただきました。
本当に沢山の有名詐欺師に遭遇されたのですね、驚きました・・・。
Cの小道具や、霊感商法まがいの最新の手口が紹介されていましたし、また、それぞれの詐欺師とのやり取りがとてもリアルに描かれていて、小説でも読んでいるかのように、引き込まれてしまいました。はっきり申し上げて、とても面白かったです。(HNさんにとっては、せっかくの旅行で時間を無駄にされ、振り回されてしまった体験記だというのに本当にごめんなさい)
一度読むと頭に残りますから、詐欺師達の定番の手口を知る上で重要なサイトになるのではないでしょうか、是非とも出発前の旅行者の方達に一読していただきたいと思いました。
それにしても、例の大物有名詐欺師は、自らレイプで逮捕されたことを暴露するのですね(驚)、帰国後自分の正体がバレても大丈夫なように伏線を張っているつもりなのでしょうけど。。。ネットの書き込みを見る限りでは、未遂も含めて同じ犯行を繰り返しているようですから、確信犯・常習犯で間違いないのではないでしょうか。

HNさんが注意喚起ブログを立ち上げられたこと、被害を防ぐ輪が広がっているのだなと思うと、改めて嬉しく感じます。
リンクの件、ご丁寧にありがとうございました。私のブログでも、ぜひリンクさせてくださませ。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted at 06:45:48 2013/03/15 by zen

この記事へのコメント

kage

返事が遅れてしまい申し訳ないです。

zen様、

ご連絡遅れてすみません。私事でここしばらくバタバタしておりました。
そして、私のブログもリンク先に加えていただき、どうもありがとうございます。感謝いたします。

私達二人は、本当に、zen様を始め、このようにインターネット上で警告を鳴らしている方々のおかげで、命拾いできたと思っています。

そうですね、今となっては、旅のエピソードとしてネタになるかもしれませんね。でも、笑って話せるのも、深みに嵌らなかったお陰です。

イスタンブールに行くまでは、キリムの存在も知りませんでしたし、特にあの界隈があんなことになってるとは想像だにしておりませんでした。

スルタンアフメット地区を訪れる日本人観光者に、もっと事前に知らせることができれば、と思います。前もって分かっていれば、多少は心の準備ができるかな、と。違う対処もできるだろうし。

では、zen様のご了承も得たことですので、当ブログにもリンクさせて頂きますね。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いしたします。

Posted at 06:31:54 2013/04/03 by zen様に助けられた者です

この記事へのコメント

kage

自称スペイン人、トルコ人のダニーさん渋谷エクセルシオールで遭遇しました。話が大きくてネットで調べたら顔写真つきで詐欺師だと...
驚きました。日本にいるんですね。ネットの情報だとトルコで詐欺行為をしているとのことですが...情報発信ありがたいです。

Posted at 00:53:07 2013/05/19 by 渋谷

この記事へのコメント

kage

日本にいても気が抜けない⁉

渋谷さま
はじめまして、情報提供をありがとうございました。
ダニーと名乗るCに遭遇してしまわれたそうですが、被害を未然に防ぐことができて本当によかったです。
Cは俗に言う「絨毯屋」で、トルコを拠点に活動しています。日本へは、主に出稼ぎ、及びトルコで捕まえた女性のアフターケアに来ているようですが、日本国内でも女性に声をかけ、被害をもたらしています。
また、東京のみならず地方都市も徘徊していますので、全国の女性の皆さん、お茶する時にも気を抜かず注意しましょうね。

Posted at 00:17:16 2013/05/23 by zen

この記事へのコメント

kage

【注意】名前、変えています!

旅行で行ったイスタンブールで会いました。名前をロベルトと言っていました、みなさんの仰る名前とは違いますが店の名前が一緒なので同一人物のはず。

スペイン人とのハーフ。六カ国語以上ペラペラ。ニューヨークで最年少で弁護士としての国際免許を取得。家族は全員弁護士。今はアパレルのデザイナーで工場では二百人体制。ザラやイケアに商品を卸している、、なんて普通に聞けば直ぐに嘘とわかることを大真面目に受けてしまいました。

身なりは確かに皆さん仰る通り、割ときちんとした格好。でも靴は磨かれてなくてボロボロだったり、なーんか変なのと思ってました。

彼にはスルアフの街中ですれ違いざまにぶつかり、彼がよろけたので大丈夫かと聞いたことから会話が始まりました。今思うと、ぶつかったのもわざとでしょうね。
二回くらいご飯につれていってもらいました。

来週から日本に語学留学に行くから付き合ってと言われました。なんだかその辺りから怪しく感じ、、親しくなった街の別の人に彼の正体を聞いてしまいました。

過去にカードで詐欺をやらかそうとした話をそこできき、大ショック。彼に全てを問いただした所、『誰からそれを聞いた!?(英語)』と怒鳴られ。名前を言いたくない私と、彼とでスルアフの街中で大喧嘩になりました。汗

しかも最悪だったのは日本円で三万円程度のスカーフを彼の店で購入してたこと!!なんと街で同じものが千円で叩き売りされているのを発見してしまったのです。
お金を返せ、いや無理だ、なんて話で揉めに揉め、、最終的にはクレジットの手数料以外は取り返せました。

私が街の人から正体をきいてしまったことがバレてから、彼は今までの優しい態度が一変。
帰国の日まで、私を罵るような迷惑メールが止まりませんでした、、しかも内容は、奢ったご飯代返せとか、、いや奢る主義だって自分で言ってたじゃん、と。

日本に帰国した今でも、着信が来ます。。もちろん全て無視!です。
私は身体もお金も取られずすみましたが、皆さん気をつけてください、、。

Posted at 01:29:14 2013/06/06 by なな

この記事へのコメント

kage

新偽名はロベルト!

なな さま
はじめまして、せっかくの旅行でとんだ災難に遭ってしまわれ、残念です。
しかし、現地で親しくなった街の人にCの正体を聞くことができたのは、幸運でしたね、大きな被害に遭うことなく帰国され本当によかったです。

また、既にブログに複数のCのカード詐欺被害者のから連絡をいただいていますが、「過去にカード詐欺をやらかそうとした話」があることを知り、まだまだ余罪があると確信いたしました。
それにしても、30倍の料金でスカーフを販売するなんて驚きですね。ぼったくりもいいとこです、しかもクレジットカードの手数料を取られてしまったとか。通常、返品をする時は同じクレジットカードで「キャンセル処理」を行えば済む話ですから、手数料など発生しません。わずかばかりでもかすめ取ってやろうという根性や、おごったはずのご飯代請求とか、セコすぎてまたもや嘲笑の的になることでしょうね。

今回は最新の情報を教えていただきありがとうございました。ロベルトという偽名を使っているのですか、初めて聞きました。注意喚起のため、ブログに追記させてください。ではよろしくお願いいたします。

Posted at 14:06:49 2013/06/18 by zen

この記事へのコメント

kage

通報は有意義

新宿3さま

はじめまして、返信遅れて申し訳ございません。
被害者が増えないことを祈っての投稿、ありがとうございます。
たくさんの方からコメントをいただき、ネット上で情報を共有することの大切さを改めて感じています。

それにしても。ご友人の方、少ない情報でよく見抜かれましたね!トルコ人詐欺に詳しいのでしょうか。新宿3さんに金銭被害がなくて本当によかったです。
新情報の「ロベルトサド」掲載させてくださいね。よろしくお願いいたします。

Posted at 22:37:44 2013/07/08 by zen

この記事へのコメント

kage

共有しましょう

Cのその後を投稿してくださった方へ

はじめまして、貴重な情報をありがとうございます。
早速、追加させていただきました。これで「辿り着く」女性の数が更に増えることと思います。
店で商品を買わないからと激怒するだなんて、聞いた事ありません。さすが利益至上主義の詐欺師です。
また、年単位でつけ狙うしつこさも寒気がしますね、猛暑なのに・・・
熱中症と詐欺師には気をつけましょう!

Posted at 17:58:54 2013/07/22 by zen

この記事へのコメント

kage

おかるん さま

はじめまして、メールアドレスを教えていただければ返信いたします。
よろしくお願いいたします。

Posted at 19:27:43 2014/06/30 by zen

この記事へのコメント

kage

すぐに逃げてください

MB さま

はじめまして、コメントありがとうございます。
このサイトを見て衝撃を受けられたのですね。内容については、これまで被害に遭われた多くの女性達から寄せられた情報をまとめたものですので、「真実」であることは間違いないです。
沢山の偽名を持ち、いい人を装い、近づいては恋愛を仕掛ける手口は定番で、話すストーリーは全部ウソです。
とにかくしつこいので、注意しながらきっちりと逃げ切ってくださいね。がんばって!

Posted at 13:10:18 2014/10/24 by zen

この記事へのコメント

kage

アドレスが間違っているようです

「関わってしまった・・」と投稿して頂いた方(名前はひらがなで3文字)にメールを送ったのですが宛先不明で送れないようです。もう一度アドレスを投稿していただけませんか?

Posted at 14:07:45 2015/05/21 by zen

この記事へのコメント

kage

ron さま
はじめまして
メールアドレスお願いします

Posted at 14:24:33 2015/07/23 by zen

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。