2010 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 03

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インジルさんの告発〜クレジットカード詐欺3

kage

2012/06/03 (Sun)

さて、海外調査の方ですが、郵送してもらった資料を見ておかしいと思った点、事情を説明したしばらく後、連絡がないので気になってこちらから電話しました
進行状況を聞くと、
「まだ返金交渉中で、上手くいけば4月中には書面で通知できると思う」という返事でした。ニュアンス的には交渉に勝つ可能性が高いという感じでした
その間、決着がまだついていないためか、Cからは時々、「are you fine?」とメールが来たり、ある時は、トルコのCの銀行から不正請求について電話が何度も来たらしく、私に
「電話をやめさせるように君の銀行かカード会社に言ってくれ」的なメールもありました
が、4月を過ぎ5月に入っても連絡がありません。返金交渉に勝ったならそう電話をくれてもいいのに・・・と思い、先日、電話をしてみました
すると、「返金交渉を今まで行なっていましたが、その交渉に勝ちまして、5月末に書面にて通知がいくと思います。そして6月以降のクレジット決済から返金分が差し引かれることになると思います」ということでした。
しかし7万弱のお金が口座に振込まれるわけではなく、月々の利用額が7万弱分、差し引かれるというのは既に聞いていたし、同じことなので文句はありませんでした。
ある日、パソコンを開くと、4月にSkypeでCからメッセージが入っていました

「You got your money right? O.K 」と

その時はまだ何も知らなかったので、何でそう思ったのか理由を聞くと、
「君の銀行が僕の銀行から650ユーロ(7万弱)とったからだよ」と
まるで向こうが被害者であるかのようなひどい言われようなのには、引きつった笑い&呆れるばかりですが、このメッセージで確定ではないにしろ、きっと取り返せるだろうことは予想がついてました
 後日、電話でセゾンに聞いてみると、
「提出された書類や調査結果を見当した結果、インジル様が実際に購入したという事実・提出書類などの正当性が立証できなかった為に、visaが強制的に処理しました」という内容でした
そしてついさっき、待ちに待った書面がセゾンから届きました

39.png

調査結果のご報告  
お客様よりお問い合わせ頂きました海外利用の件につきまして、現地への申し立てが成立し、売上取消となりましたことをご報告申し上げます。国際ルールに沿った処理ではございますが、解決までに長い時間がかかり、お客様にはご心配をおかけしました。

とのことです(2012.5.24)
先日、クレジット会社から利用明細書が届きましたが、ー65,000と表示されていて、決済口座に返金させていただきますと書いてありますが、今までの話だと「差し引かれる」はずだったような?? 通帳記入したらまた報告します

最初にセゾンに電話したのが1月。交渉に勝ったと知ったのが5月。実際に差し引かれるのを確認するまで終わりとは言えないわけですが。
ちなみに、自分の意思で購入したキリムの値段ですが、日本円で8万ほどです。
何故、購入したかですが、トルコにいる間中、Cにしつこくキリムを勧められていましたが、「必要ないし欲しくない」と断り続けていました
Cに会ってから2ヶ月、勧められる度に断っていましたが、帰国する10日前になって日本に帰ったらしばらくは来ないし、帰る前に何かこの旅でのこの人との思い出を形に残したい、日本に帰ってから何かこの人の物を側に置いておきたいと思い、自分の意思で購入しました
結果、これも詐欺の被害と言えばそうなのかもしれませんが、後悔はしていません。
頑張って仕事すればすぐに取り戻せる額だし、Cも含め、楽しかったトルコの旅の思い出としてとっておきます

このウェブサイトを見て、自分がカード被害に遭ってしまったかもしれないと思っている人は、たとえ領収証を貰っていなくても、取り返せないかもと思っても、とりあえず電話してみてください
私が実際に返金に成功したことで、Cの店やPIRLANTA〜の名前は詐欺の事実があったと記録に残るし、C(ARAS MILI)の詐欺は穴が結構あるので返金できる可能性は高いと思います
お金を取り返したい気持ちが少しでもあるなら、諦めないでください。万が一、結果が無理でもやって損はないです。

これで私の「C カード被害体験談」の報告はおしまいです
何か質問ありましたら受け付けます。この記事のことでもその他でも何でも私が分かることなら

インジル 2012年5月26日


★追記★
 先日、セゾンに最後の電話をしてみました。返金額の差し引きについては、返金交渉成立の翌月分(6月)の利用額を650ユーロから差し引いて、残りを口座に返金する・振り込むということでした。そういや、この前5万ほどおろしたのに何故かおろした分が増えていたのでそういうことみたいです
 zenさんのご指摘でセゾンに「今回のことでCやPILRANTA~に警告や処分はないのか?」との質問をしてみましたが、直接交渉しているのはvisa internationalであるし、更にP~をカード加盟店にしているトルコの管理会社の権限であるから、私ども(セゾン)は関与できない。 しかし、返金交渉があった記録は残るし、これからもそのような事実が一定の 上限をこえれば、何かしらの処置はあるでしょう」とのことでした
 日本でこれだけ有名なトルコ絨毯詐欺。PILRANTA〜の名前は詐欺に使われてる店名だと現地のカード会社でも知れ渡っているはずなのに、既に多くの被害者が、この名前で出ているはずなのに、どこまでいけば上限をこえたことになるのかは分かりませんが、、、



★カード決済の仕組みはコチラをご参考に

■チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ

この記事へのコメント

kage

諦めちゃダメ!

インジルさん
こんにちは。はじめまして。
わたしは、今年のゴールデンウィークに同じような被害にあいました。
わたしの場合は、おそらく暗証番号がクレジットを認証する端末に残るしかけがしてあり、
目が届かない場所に端末を持って行って押されたようです。

詐欺師Cの手を変え品を変えての手口にあきれるような、
頭わるいくせによく思いつくよね~と感心するような・・・。

詐欺被害にあったショックは、金額の問題だけではないですよね。
信じた心をあっさり裏切られ、深く傷つきますよね。

わたしは詐欺被害に気づいた瞬間は、あまりのショックと自己嫌悪で、
お金を取り返す行動をおこそうとは思いませんでした。
お金よりも、もう事件のことを思い出したくないほうが大きかったです。
Cと一緒にいた時間が長かったインジルさんは、
なおさら傷ついたのではないかと思います。

でも、zenさんに励ましていただきながらMasterCardと交渉をはじめ、
わたしのケースもいい方向にむかっています。
わたしは引き落としもされずにすむかもしれません。

余計な出費をおさえられたことにも安堵していますが、
Cのことが旅全体の思い出にまで暗い影を落としていたんですね。
それが、ぱあっと霧が晴れたみたいに気分がすっきりしまして、
いつかまたトルコに行ってもいいかななんて思えるようになりました。

本当に、諦めちゃダメです。
お金の問題だけではなく、人生に余計な汚点を残さないために。

Posted at 11:49:49 2012/06/04 by A子

この記事へのコメント

kage

はじめまして

イジルさん

はじめまして。

わたしもCのお店で今年の4月末にカードの被害にあいました。
キリムを一枚購入したのですが、明細によるとその10分後にもう一度同じ金額でカードを利用したということになっていました。

visaカードの人に調査をお願いしたばかりなので、
お金が返ってくるかは未だ分かりません。
しかし、イジルさんの記事を読み、とても励まされました。
お金が戻ってくることを信じて諦めないで居ようと思います。
ありがとうございました。

Posted at 23:53:33 2012/06/05 by mi

この記事へのコメント

kage

A子さんへ

こんにちは。A子さん
コメントありがとうございます
A子さんの方も良い結果になりそうで何よりです
私はCのこと以外でも沢山の人との関わりと思い出があったので、いつか必ず再訪する予定です
Cを頭が悪いとは思いませんが、悪知恵が働くのは確かだし、今までの出来事を見ると日本人女性のことをお金と性だとしか認識してないんだなと痛感します
まぁ、日本人の性格も考えると無理ない部分もあるかもしれませんが。

計3ヶ月間の旅行中、お金や他の下心があって声をかけてきたのは、主にイスタンブールのバザールや旧市街の道端でした
その前のギリシャでは、親切や偶然を装って胸やお尻を触ってきたり、アジア人だからと良くない意味の野次を飛ばしてきたり、売店ではわずかな釣り銭をごまかそうとしたり、ある美術館では、社会見学に来た中学生集団の中の1人の男子生徒にも野次をとばされました
他にもありますが、これらの出来事の多くは女1人で歩いていたからで、加えて無防備であったが故、Noと言い続けられなかったが為にCにカードをつかわれてしまいました
「女1人で海外を個人旅行するということがどういうことか」を理解することは、当たり前のように言われていて、難しいことだと思います
結局は文字通り、自分のことは自分で守るしかないんだと身を持って勉強しました
A子さんの交渉が無事に終わることを祈ってます

「日本人女性は金とsexを背負った鴨ねぎ」
この認識はイスタンブールだけではないようですし、騙す人は幾らでもいるので、どうかみなさん、こんな目に会いませんように。
せっかくの親切をむげにするのも・・・・・
イスラム教の男性はまず知り合って間もない女性に気安く触れたりしません
触れてくるのは良くない目的のあるヤツだけです
(2ヶ月トルコを周遊して現地の家族にお世話にもなった経験から)

Posted at 04:48:50 2012/06/06 by インジル

この記事へのコメント

kage

miさんへ

miさんもありがとうございます
私がCとさよならしたのは1月始めですが、ここに書き込みしてない方も含めると、
数ヶ月の間に結構な人数の女性をだましてるんですね、全く。
調査は時間がかかるので、焦らず気長に、気になったらカード会社に電話して
状況確認してください。Cがどれだけ言い訳しても、あなたを好きだと言ってきても、今までに起きた事実だけを信じて頑張ってください。応援してます

Posted at 11:26:53 2012/06/06 by インジル

この記事へのコメント

kage

なぜ、被害者が立て替えるのか?

インジルさん
遂に返金されたのですね、本当に良かったです、長い間お疲れさまでした。
また、ブログに記事も書いていただき、ありがとうございました。
 
 インジルさんのケースでは解決までにおよそ5ヶ月を要していますが、同じようなカード不正請求の被害者であるDCMXカードVISAユーザーの方は、カード会社に電話した時点で「事実が判明するまで引き落としはしない」と言われ、DCMXカードはそのおよそ2週間後に店側が提出した販売の証拠書類を「ねつ造」と判断し、ユーザーに「請求はしない方向」と伝え、迅速な対応をしました。
 また三井住友Masterカードユーザーの被害者の方は、交渉により引き落としの延期が認められ、カード会社に電話を入れて2~3週間でweb明細からピルランタ・クユム○○○○の請求が削除され、問い合わせてみると「解決はしていないが、カード不正利用のクレームという扱いで現地に問合せることになった」との回答をもらったそうです。
 いずれの被害者の方も、まだ、正式に解決したわけではありませんが、引き落としされることなく請求は取り消される見込みです。そして、今後の流れとしてカード会社はピルランタ・クユム○○○○に支払ったお金を取り戻すべく、提出された書類が偽造されたものである事を被害者に承認してもらい、返金に向け交渉します。
 一方、セゾンはインジルさんのような不正請求被害の場合、引き落としの延期は認めません。つまりカード発行会社(or現地加盟店管理会社)が、悪徳店に支払ったお金を取り返すまでの間、被害者であるユーザーが立て替えていることになります。(他社でも、既に店側にお金が支払われているため、引き落としの延期は認められない。と回答しているところがあります)
 今回はセゾンが交渉に勝ったから良かったようなものの、もしも負けていたら一体誰が負担するのでしょうか???
ほとんどの被害者は自分が騙されたと知り衝撃を受け、ただでさえ精神的苦痛に耐えているのに、その上詐欺師に流れたお金まで肩代わりさせられるなんて二重苦、三重苦というものではないでしょうか?
 お金が戻ってくるんだから同じじゃん、と言われればそうなのですが、私的には「引き落とした後、数ヶ月後に返金」と「引き落とし延期の末、請求取り消し」とでは全然意味合いが違い、前者は押し付け合いの末に弱い立場のユーザーが穴埋めしている気がして、どーも納得いきません。。。ですので、私は「引き落としの延期」を強く強くお勧めします。

と言いつつ、私もクレジットカードのスペシャリストでもありませんし、規約に記載があるとか、ユーザー負担はカード業界では常識なのかもしれませんが、カードの取り扱いにおいてユーザーに落ち度がない限り、悪徳店へのお金はカード会社が負担すべきであり、その前に現地加盟店管理会社は繰り返し悪行を重ねる加盟店をさっさと除名にすべきだと思います。

Posted at 23:47:10 2012/06/10 by zen

この記事へのコメント

kage

ありがとうございます
金額が少なかったせいもあり、気長に待っていました
他のMasterとVisaの方と比べると、対応の速さが全く違いますね
電話してから2、3週間だなんて!
今後、何かの時のためにカードを変えたほうがいいかもしれないですね・・・
引き落とし延期の話も持ち出してみましたが、引き落としはされるとはっきり言われたので、それ以上食い下がることができませんでした
金額が大きくないのでまだ良かったですが、何十万単位だったらと思うとストレスもかなりひどかったでしょう
セゾンは何週間ではなく、なんヶ月単位で時が過ぎ、しかもこちらから電話して確認しないと経緯を伝えてこなかったりするので、その点はやはり不信感が募りました
返金が決まった時も電話してこず、こちらから電話した3日後にタイミング良く通知が家に届いた。これはどうみても、私の電話によるものでは?もっと早くできたことでしょうと思っています

私も何とか延期にしたかったですが、カード会社ができませんと言う場合、一体、
どうやって延期の交渉をしたらいいのか。これはぜひこれからの被害者の方の為に紹介してほしいです

Posted at 12:51:31 2012/06/16 by インジル

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。