2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インジルさんの告発〜クレジットカード詐欺2

kage

2012/06/03 (Sun)

が!!!!!!!!、カードの不正請求との戦いはこれからなのです。 先程も書きましたが、2012年1月頃からこの戦いは始まります

依頼したのはセゾンなので、セゾンと電話のやりとりをしました。まず、私から事情を説明
私  「1回目のキリムは自分で納得して購入したものですが、2回目は覚えがないんです」  
セゾン「では1回目にクレジットを使った際のレシートなど、金額の記載されたものはありますか?」 
私  「ありません。そういえば買ったものが何かを記した紙は貰いましたが、レシートや金額の書かれたものは受け取りませんでした」(←ただの大バカ者です
セゾン「1回目に購入したその絨毯のようなものは手元にありますか?2回目の購入については現物はなく、覚えもないんですね。詳細が分かり次第、連絡します」
 そしてしばらく後に連絡がきました
セゾン「向こうのお店の方は、インジル様がメールでクレジットの番号とセキュリティコードを教えたと言っていて、こちらの方に向こうのお店の方から証拠として幾つか書類が提出されています。差出人のアドレスはxxxxx@hotmail.com ですが、心当たりはありますか?」
私  「(やられた。。。)あー・・・・・それは間違いなく私のアドレスですが、カード情報入りのメールを送った覚えはないです」
セゾン「書類の内容はそのメールのコピーと、インジル様が購入したとされている際のサイン入りの領収証、それに品物を日本のインジル様宛に送った時の郵便局の伝票の3点です」
私  「え?!(サイン入り領収証?メールのコピー?) 良かったらその証拠として提出された書類のコピー送ってもらえませんか?」

そしてセゾンから郵送されてきた書類を見ました
まず、1つ目の証拠。メールのコピー。2通分のメールが1枚にコピーされていて、1通目にはとCが私になりすまして自作した文章の下に私のカード情報が記されていました。自作メールの内容は

「hello how are you cetin are you fine? I got my carpets and kilim thanks a lot. this is my card number xxxx xxxx xxxx . this is my security cord xxx」

お恥ずかしい話ですが、正直に告白します。何故、Cが私のクレジット番号とセキュリティコードを知っていたか?
それはネットでの飛行機チケット購入の際に彼に手伝ってもらったのですが、無防備にもカード見せてました。どんなに信用していても海外という土地で、たった2ヶ月程度の関わりですべきことではなかったと反省してます。
2通目は、私の日本での携帯番号が記されたメールでした。これについては、私本人が送ったもので、トルコに携帯を持って行かなかった為、帰国してから日本での携帯番号をメールしました
私が実際に送ったメールと、自作自演メールを同時に送るとこがズル賢い。そして自作自演メールについては、私が帰国した翌日に、Cがわざわざ 「自分の別アドレスに送信し、日付などが表示されたメール」 を証拠として提出していました。これについてはセゾンも、こういったものは幾らでも改ざんできるので証拠としてあまり重要性はないとのことでした
 2つ目の証拠。私が購入した際の私のサイン入りレシートのコピー。 サイン・・・私の筆跡じゃありません。Cの筆跡の分かるものを所持していたので見比べると似ています
私はトルコに入る前はギリシャを旅していたのですが、ギリシャの銀行で日本から送金してもらった際の受け取り書に書いた自分のサイン入りの書類をまだ持っていたため、必要であれば、Cの筆跡が記された書類と合わせて筆跡確認のためにセゾンにコピーを提出できることを伝えました
 3つ目の証拠。↑の自作自演メールでCが言っている、私が帰国の翌日に受け取ったらしいキリムと絨毯。それを郵便局から送った際の伝票のコピー
これには余談がありまして、私がCに会ってから1週間後、私はカッパドキアへ出発しました。その時にギリシャで買ったTシャツやいらなくなった本、パンフレットなど、「送っといてあげるよ」というCの言葉に甘え、荷物を彼に預けていました。送料も1万ちょいぼられた訳ですが、10日で届くよと言っていた荷物が1ヶ月以上経っても届きません。聞くと「昨日電話して聞いてみたら、手違いで今ドイツにあるらしい。こっちに送り返してもらって、僕がまた送り直しとくよ」と。結局、諦めていたところにその荷物が届いたのは、私が頼んでから3ヶ月以上後のことでした
つまり、荷物を預かった時からCには素直に送るつもりがなく、詐欺に利用するつもりで私にはおかしいなぁ?調べとくね。とシラを切り、帰国の翌日に私が購入したキリムと絨毯を発送したという嘘に利用したわけです。勿論、中身はキリムや絨毯などではなく、3ヶ月以上前に私が預けたTシャツや本などです
トルコで一緒にいたときの彼は好きだったので、今までに述べたような汚いやり口や言い訳とのギャップに心は重くなるばかりです


C=チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ

この記事へのコメント

kage

Re: プロのゴキブリどもですからね。

ピンクパールさま

コメント読みました。

Posted at 17:54:48 2013/05/27 by zen

この記事へのコメント

kage

メールアドレス

ピンクパールさま

こんにちわ、以前コメントいただいた時、メールアドレスを記入されていたことを、今気づきました。大変失礼いたしました。
早速メールをお送りしましたが、宛先不明のアドレスとしてエラーメッセージが返ってきてしまいます。

Posted at 14:04:13 2013/07/23 by zen

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。