2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インジルさんの告発〜クレジットカード詐欺1

kage

2012/06/03 (Sun)

こんにちは、インジルと申します。

ここでは、私がCから受けたカードの被害についてお話します
私は、去年の秋から冬にかけての2ヶ月間をトルコで過ごしました
訪れた目的は観光で、色々な街を訪れましたが、Cに会ったのはギリシャからトルコの国境を越えてイスタンブールに着いた次の日でした
彼の被害に遭われた方の多くがそうであったように、Cと出会い、付き合うことになり2ヶ月間、連絡をとり、会ったりもしていました

私が使っていたカードはクレディセゾン発行visaカードでした。
滞在中、彼の店で購入したものは3枚のスカーフとキリム1枚(これは問題なし)。キリムの支払いは彼にしつこく頼まれ、根負けしてカードをつかいました。
そしてその10日後に帰国。特別な理由はありませんでしたが、何度かカードで買い物をしたので、それから1週間以内にカード発行会社のセゾンに電話をして、最近1ヶ月間の利用履歴を問い合わせました   
すると、私が日本に帰国した翌日の日付で、650ユーロ(7万弱)の買い物が、キリムを買ったのと同じ店の名前「PILRANTA K~」でされていました
コールセンターの女性が口にした決済先の名前を照らし合わせてみると、間違いなく1回目のキリムと帰国した翌日の覚えのない買い物は同じ店で、それはCのお店のものでした
勿論、そんな買い物をした覚えはなく、最初はCの言い訳を半信半疑で聞いていましたが、彼の話はいつまでも先が見えないし、言い訳だけがころころ変わるばかり,やるだけ無駄じゃないかと考え直し、カード会社の海外調査係に調査を依頼することにしました
セゾンに、この調査は2,3ヶ月はかかると説明されましたが、最初にセゾンに電話をしたのが1月。この記事を書いている今現在、2012年5月24日の時点でまだ完全に終わっていないので、完全に決着がつくまでに半年ほど時間を要することになる予定です

さて、このことについてCに聞いてみました。
「帰国した翌日にあなたの店で覚えのない利用履歴があるんだけど?」と
Cの答えは、「君が日本に帰るとき、飛行機のチケットをネットで一緒に購入しようとしたの覚えてる?(確かにしました)その時に回線の調子が悪くて何回もカード番号を入力しただろ?それで間違えて向こうの航空会社が2回引き落としたんだ。航空会社が僕に電話してきて、僕の口座に間違えた分のお金が振り込まれたから、僕が日本に行くときに持っていくよ。送金してもいいけど、それだと手数料がかかりすぎるから」というものでした。
ここで矛盾点を挙げると、
1 利用履歴によると、飛行機チケットを買った日には、きちんとその値段分の請求が旅行代理店の名前で記録が残されているので↑のCの言い訳はありえない
2 Cの言い訳が真実だとしても、同じチケットを購入しようとした際のトラブルなのに飛行機チケットと不正請求の金額には1万5千円の差額がある。履歴の決済先の名前も違う
3 結局、ネットでの購入を諦めて「旅行代理店で飛行機チケットを買った日付」 と 「2回目の覚えのない不正請求の日付」 の間には中5日の開きがあることです
仮に間違えて2回請求されてしまうことがあったとしても、同じ日のたった数時間の間の出来事です。日本とトルコの時差や多少の誤差を考えても、同じ1つの買い物で5日間の開きはありえないと思いました
不正請求はネットでチケット購入を試みた際のトラブルだと言うCの言い訳に、
「ネットでの飛行機チケットの購入であなたの店の決済先の名前が出るのはおかしい」と言うと、
「僕の店のケーブルはネット用だけじゃなくて直接、クレジットカードを読み取る機械とつながってるんだ。それで僕の店で手続きしたから僕の店の名前ででたんだよ」とか言ってました

今思えばありえなさすぎておかしなことばかりなのですが、カードの仕組みも詳しくないばかりに、恋は盲目で相手のでまかせ知識をかなり怪しいと思いつつも、きっぱり口にすることができませんでした
そして帰国して10日以内にネットでCの顔写真を「トルコ 詐欺師 恋愛詐欺師」 のジャンルで発見してしまい、見たことは本人にいいませんでしたが、結果的にさよならしました



C=チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。