2012 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インジルさんの告発〜クレジットカード詐欺3

kage

2012/06/03 (Sun)

さて、海外調査の方ですが、郵送してもらった資料を見ておかしいと思った点、事情を説明したしばらく後、連絡がないので気になってこちらから電話しました
進行状況を聞くと、
「まだ返金交渉中で、上手くいけば4月中には書面で通知できると思う」という返事でした。ニュアンス的には交渉に勝つ可能性が高いという感じでした
その間、決着がまだついていないためか、Cからは時々、「are you fine?」とメールが来たり、ある時は、トルコのCの銀行から不正請求について電話が何度も来たらしく、私に
「電話をやめさせるように君の銀行かカード会社に言ってくれ」的なメールもありました
が、4月を過ぎ5月に入っても連絡がありません。返金交渉に勝ったならそう電話をくれてもいいのに・・・と思い、先日、電話をしてみました
すると、「返金交渉を今まで行なっていましたが、その交渉に勝ちまして、5月末に書面にて通知がいくと思います。そして6月以降のクレジット決済から返金分が差し引かれることになると思います」ということでした。
しかし7万弱のお金が口座に振込まれるわけではなく、月々の利用額が7万弱分、差し引かれるというのは既に聞いていたし、同じことなので文句はありませんでした。
ある日、パソコンを開くと、4月にSkypeでCからメッセージが入っていました

「You got your money right? O.K 」と

その時はまだ何も知らなかったので、何でそう思ったのか理由を聞くと、
「君の銀行が僕の銀行から650ユーロ(7万弱)とったからだよ」と
まるで向こうが被害者であるかのようなひどい言われようなのには、引きつった笑い&呆れるばかりですが、このメッセージで確定ではないにしろ、きっと取り返せるだろうことは予想がついてました
 後日、電話でセゾンに聞いてみると、
「提出された書類や調査結果を見当した結果、インジル様が実際に購入したという事実・提出書類などの正当性が立証できなかった為に、visaが強制的に処理しました」という内容でした
そしてついさっき、待ちに待った書面がセゾンから届きました

39.png

調査結果のご報告  
お客様よりお問い合わせ頂きました海外利用の件につきまして、現地への申し立てが成立し、売上取消となりましたことをご報告申し上げます。国際ルールに沿った処理ではございますが、解決までに長い時間がかかり、お客様にはご心配をおかけしました。

とのことです(2012.5.24)
先日、クレジット会社から利用明細書が届きましたが、ー65,000と表示されていて、決済口座に返金させていただきますと書いてありますが、今までの話だと「差し引かれる」はずだったような?? 通帳記入したらまた報告します

最初にセゾンに電話したのが1月。交渉に勝ったと知ったのが5月。実際に差し引かれるのを確認するまで終わりとは言えないわけですが。
ちなみに、自分の意思で購入したキリムの値段ですが、日本円で8万ほどです。
何故、購入したかですが、トルコにいる間中、Cにしつこくキリムを勧められていましたが、「必要ないし欲しくない」と断り続けていました
Cに会ってから2ヶ月、勧められる度に断っていましたが、帰国する10日前になって日本に帰ったらしばらくは来ないし、帰る前に何かこの旅でのこの人との思い出を形に残したい、日本に帰ってから何かこの人の物を側に置いておきたいと思い、自分の意思で購入しました
結果、これも詐欺の被害と言えばそうなのかもしれませんが、後悔はしていません。
頑張って仕事すればすぐに取り戻せる額だし、Cも含め、楽しかったトルコの旅の思い出としてとっておきます

このウェブサイトを見て、自分がカード被害に遭ってしまったかもしれないと思っている人は、たとえ領収証を貰っていなくても、取り返せないかもと思っても、とりあえず電話してみてください
私が実際に返金に成功したことで、Cの店やPIRLANTA〜の名前は詐欺の事実があったと記録に残るし、C(ARAS MILI)の詐欺は穴が結構あるので返金できる可能性は高いと思います
お金を取り返したい気持ちが少しでもあるなら、諦めないでください。万が一、結果が無理でもやって損はないです。

これで私の「C カード被害体験談」の報告はおしまいです
何か質問ありましたら受け付けます。この記事のことでもその他でも何でも私が分かることなら

インジル 2012年5月26日


★追記★
 先日、セゾンに最後の電話をしてみました。返金額の差し引きについては、返金交渉成立の翌月分(6月)の利用額を650ユーロから差し引いて、残りを口座に返金する・振り込むということでした。そういや、この前5万ほどおろしたのに何故かおろした分が増えていたのでそういうことみたいです
 zenさんのご指摘でセゾンに「今回のことでCやPILRANTA~に警告や処分はないのか?」との質問をしてみましたが、直接交渉しているのはvisa internationalであるし、更にP~をカード加盟店にしているトルコの管理会社の権限であるから、私ども(セゾン)は関与できない。 しかし、返金交渉があった記録は残るし、これからもそのような事実が一定の 上限をこえれば、何かしらの処置はあるでしょう」とのことでした
 日本でこれだけ有名なトルコ絨毯詐欺。PILRANTA〜の名前は詐欺に使われてる店名だと現地のカード会社でも知れ渡っているはずなのに、既に多くの被害者が、この名前で出ているはずなのに、どこまでいけば上限をこえたことになるのかは分かりませんが、、、



★カード決済の仕組みはコチラをご参考に

■チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ
スポンサーサイト

インジルさんの告発〜クレジットカード詐欺2

kage

2012/06/03 (Sun)

が!!!!!!!!、カードの不正請求との戦いはこれからなのです。 先程も書きましたが、2012年1月頃からこの戦いは始まります

依頼したのはセゾンなので、セゾンと電話のやりとりをしました。まず、私から事情を説明
私  「1回目のキリムは自分で納得して購入したものですが、2回目は覚えがないんです」  
セゾン「では1回目にクレジットを使った際のレシートなど、金額の記載されたものはありますか?」 
私  「ありません。そういえば買ったものが何かを記した紙は貰いましたが、レシートや金額の書かれたものは受け取りませんでした」(←ただの大バカ者です
セゾン「1回目に購入したその絨毯のようなものは手元にありますか?2回目の購入については現物はなく、覚えもないんですね。詳細が分かり次第、連絡します」
 そしてしばらく後に連絡がきました
セゾン「向こうのお店の方は、インジル様がメールでクレジットの番号とセキュリティコードを教えたと言っていて、こちらの方に向こうのお店の方から証拠として幾つか書類が提出されています。差出人のアドレスはxxxxx@hotmail.com ですが、心当たりはありますか?」
私  「(やられた。。。)あー・・・・・それは間違いなく私のアドレスですが、カード情報入りのメールを送った覚えはないです」
セゾン「書類の内容はそのメールのコピーと、インジル様が購入したとされている際のサイン入りの領収証、それに品物を日本のインジル様宛に送った時の郵便局の伝票の3点です」
私  「え?!(サイン入り領収証?メールのコピー?) 良かったらその証拠として提出された書類のコピー送ってもらえませんか?」

そしてセゾンから郵送されてきた書類を見ました
まず、1つ目の証拠。メールのコピー。2通分のメールが1枚にコピーされていて、1通目にはとCが私になりすまして自作した文章の下に私のカード情報が記されていました。自作メールの内容は

「hello how are you cetin are you fine? I got my carpets and kilim thanks a lot. this is my card number xxxx xxxx xxxx . this is my security cord xxx」

お恥ずかしい話ですが、正直に告白します。何故、Cが私のクレジット番号とセキュリティコードを知っていたか?
それはネットでの飛行機チケット購入の際に彼に手伝ってもらったのですが、無防備にもカード見せてました。どんなに信用していても海外という土地で、たった2ヶ月程度の関わりですべきことではなかったと反省してます。
2通目は、私の日本での携帯番号が記されたメールでした。これについては、私本人が送ったもので、トルコに携帯を持って行かなかった為、帰国してから日本での携帯番号をメールしました
私が実際に送ったメールと、自作自演メールを同時に送るとこがズル賢い。そして自作自演メールについては、私が帰国した翌日に、Cがわざわざ 「自分の別アドレスに送信し、日付などが表示されたメール」 を証拠として提出していました。これについてはセゾンも、こういったものは幾らでも改ざんできるので証拠としてあまり重要性はないとのことでした
 2つ目の証拠。私が購入した際の私のサイン入りレシートのコピー。 サイン・・・私の筆跡じゃありません。Cの筆跡の分かるものを所持していたので見比べると似ています
私はトルコに入る前はギリシャを旅していたのですが、ギリシャの銀行で日本から送金してもらった際の受け取り書に書いた自分のサイン入りの書類をまだ持っていたため、必要であれば、Cの筆跡が記された書類と合わせて筆跡確認のためにセゾンにコピーを提出できることを伝えました
 3つ目の証拠。↑の自作自演メールでCが言っている、私が帰国の翌日に受け取ったらしいキリムと絨毯。それを郵便局から送った際の伝票のコピー
これには余談がありまして、私がCに会ってから1週間後、私はカッパドキアへ出発しました。その時にギリシャで買ったTシャツやいらなくなった本、パンフレットなど、「送っといてあげるよ」というCの言葉に甘え、荷物を彼に預けていました。送料も1万ちょいぼられた訳ですが、10日で届くよと言っていた荷物が1ヶ月以上経っても届きません。聞くと「昨日電話して聞いてみたら、手違いで今ドイツにあるらしい。こっちに送り返してもらって、僕がまた送り直しとくよ」と。結局、諦めていたところにその荷物が届いたのは、私が頼んでから3ヶ月以上後のことでした
つまり、荷物を預かった時からCには素直に送るつもりがなく、詐欺に利用するつもりで私にはおかしいなぁ?調べとくね。とシラを切り、帰国の翌日に私が購入したキリムと絨毯を発送したという嘘に利用したわけです。勿論、中身はキリムや絨毯などではなく、3ヶ月以上前に私が預けたTシャツや本などです
トルコで一緒にいたときの彼は好きだったので、今までに述べたような汚いやり口や言い訳とのギャップに心は重くなるばかりです


C=チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ

インジルさんの告発〜クレジットカード詐欺1

kage

2012/06/03 (Sun)

こんにちは、インジルと申します。

ここでは、私がCから受けたカードの被害についてお話します
私は、去年の秋から冬にかけての2ヶ月間をトルコで過ごしました
訪れた目的は観光で、色々な街を訪れましたが、Cに会ったのはギリシャからトルコの国境を越えてイスタンブールに着いた次の日でした
彼の被害に遭われた方の多くがそうであったように、Cと出会い、付き合うことになり2ヶ月間、連絡をとり、会ったりもしていました

私が使っていたカードはクレディセゾン発行visaカードでした。
滞在中、彼の店で購入したものは3枚のスカーフとキリム1枚(これは問題なし)。キリムの支払いは彼にしつこく頼まれ、根負けしてカードをつかいました。
そしてその10日後に帰国。特別な理由はありませんでしたが、何度かカードで買い物をしたので、それから1週間以内にカード発行会社のセゾンに電話をして、最近1ヶ月間の利用履歴を問い合わせました   
すると、私が日本に帰国した翌日の日付で、650ユーロ(7万弱)の買い物が、キリムを買ったのと同じ店の名前「PILRANTA K~」でされていました
コールセンターの女性が口にした決済先の名前を照らし合わせてみると、間違いなく1回目のキリムと帰国した翌日の覚えのない買い物は同じ店で、それはCのお店のものでした
勿論、そんな買い物をした覚えはなく、最初はCの言い訳を半信半疑で聞いていましたが、彼の話はいつまでも先が見えないし、言い訳だけがころころ変わるばかり,やるだけ無駄じゃないかと考え直し、カード会社の海外調査係に調査を依頼することにしました
セゾンに、この調査は2,3ヶ月はかかると説明されましたが、最初にセゾンに電話をしたのが1月。この記事を書いている今現在、2012年5月24日の時点でまだ完全に終わっていないので、完全に決着がつくまでに半年ほど時間を要することになる予定です

さて、このことについてCに聞いてみました。
「帰国した翌日にあなたの店で覚えのない利用履歴があるんだけど?」と
Cの答えは、「君が日本に帰るとき、飛行機のチケットをネットで一緒に購入しようとしたの覚えてる?(確かにしました)その時に回線の調子が悪くて何回もカード番号を入力しただろ?それで間違えて向こうの航空会社が2回引き落としたんだ。航空会社が僕に電話してきて、僕の口座に間違えた分のお金が振り込まれたから、僕が日本に行くときに持っていくよ。送金してもいいけど、それだと手数料がかかりすぎるから」というものでした。
ここで矛盾点を挙げると、
1 利用履歴によると、飛行機チケットを買った日には、きちんとその値段分の請求が旅行代理店の名前で記録が残されているので↑のCの言い訳はありえない
2 Cの言い訳が真実だとしても、同じチケットを購入しようとした際のトラブルなのに飛行機チケットと不正請求の金額には1万5千円の差額がある。履歴の決済先の名前も違う
3 結局、ネットでの購入を諦めて「旅行代理店で飛行機チケットを買った日付」 と 「2回目の覚えのない不正請求の日付」 の間には中5日の開きがあることです
仮に間違えて2回請求されてしまうことがあったとしても、同じ日のたった数時間の間の出来事です。日本とトルコの時差や多少の誤差を考えても、同じ1つの買い物で5日間の開きはありえないと思いました
不正請求はネットでチケット購入を試みた際のトラブルだと言うCの言い訳に、
「ネットでの飛行機チケットの購入であなたの店の決済先の名前が出るのはおかしい」と言うと、
「僕の店のケーブルはネット用だけじゃなくて直接、クレジットカードを読み取る機械とつながってるんだ。それで僕の店で手続きしたから僕の店の名前ででたんだよ」とか言ってました

今思えばありえなさすぎておかしなことばかりなのですが、カードの仕組みも詳しくないばかりに、恋は盲目で相手のでまかせ知識をかなり怪しいと思いつつも、きっぱり口にすることができませんでした
そして帰国して10日以内にネットでCの顔写真を「トルコ 詐欺師 恋愛詐欺師」 のジャンルで発見してしまい、見たことは本人にいいませんでしたが、結果的にさよならしました



C=チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。