2012 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード不正請求

kage

2012/05/22 (Tue)

店

このお店に立ち寄った、又は買い物をした旅行者に「クレジットカード不正請求」の被害が多発しております。
心当たりのある方は、今一度カード利用明細の確認をお願いします。

※看板を外し、ドアを変えるなど2012年6月に一部改装。
改装後→http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-252.html

GALLARY CExxx 店名
GARELI AKASYA  ネット告発後は絨毯の保証書などに、この店名を使用
CExxx ART 2012年6月現在はこの店名を使用

PIRLANTA KUYUMxxxxx ピルランタ クユム○○○○○ 請求元のお店1
レシート及び、カード利用明細には、Cの店の代わりにイスタンブールにある貴金属店【PIRLANTA KUYUMxxxxx】が記載されており、トルコでは他店で決済は違法なのだそうです。

CExxx HALIVI KILIM  請求元のお店2
CExxx HALI VE KILIM ISTANBUL 請求元のお店3

もしも、身に覚えのない請求や不審な点があった場合は、至急カード会社に電話してください!


■カード会社に伝えること

・該当店が「不正利用の常習店」である
・正常な取り引きではない
・商品の現物がない
・商品を購入した店と請求元の店が一致しているか確認する
(購入店とは別の貴金属店から請求がくることが多い←違法)
・「支払い停止の抗弁書」提出 参考記事↓
http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-165.html
http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-163.html

カード会社によっては、事実が判明するまで引き落としをしないところもありますし、交渉すれば延期してくれるところもあります。

★2012年11月追記
不思議なことに、詐欺師絡み(他の詐欺師含む)で買い物をした旅行者のほとんど全員の決済先は、購入店とは別の「貴金属店」になっています。
ある旅行者はCの店で雑貨購入時にカードを切り、被害にはあっていなものの、貴金属店PIRLANTA KUYUMxxxxxから、『通販』でジュエリーを購入したとして請求がきたそうです。
絨毯屋や土産物屋は、なぜ、わざわざ他店で決済しているのか?? その秘密はどうやら「消費税」にありそうです。
必見→http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-174.html


■実害報告

1、恋人という立場を利用してクレジットカード情報を盗み、女性の帰国後にサインを偽造するなどして、実態のない買い物を不正に請求。
2、A子さんのコメントにもあるように、ICクレジットカードで決済をする際に暗証番号を押すと、カード会社には二度の買い物記録が残るよう巧妙な仕掛け(?)がしてあり、いずれの場合も一度目に身に覚えのない買い物、二度目が本人の買い物となっています。
3、買い物はせず、この店に立ち寄っただけの旅行者にも上記のお店から請求がきており、立ち寄った日が決済日となっています。決して貴重品から目を離さないでください。

また、現金で払おうとする客に対しカードで支払うよう勧め、不正請求。
買い物客にレシート(カード利用控え)を渡さないなど、不審な行動。
通常のクレジットカードで決済しようとする女性に「このカードは使えない」と、ICチップ搭載のクレジットカードで決済させ、2の要領で不正に請求。
など、通常の商店では考えられない営業をしています。くれぐれもお気をつけ下さい!

※ご注意
上記のような「身に覚えのない請求」で、トルコ警察で被害届受理がなくても返金に成功された方はいます。先ずはカード会社に連絡してください。

ケースは違いますが、トルコでカード詐欺に遭われた方のブログです。
被害が小さいからとか、自己責任だと諦めようとされている方に是非読んで欲しいと思います。
http://ameblo.jp/cornissimo/entry-10887836614.html


【カード決済を撤回するには】 

自らの意志で(騙されていると知らずに)サインや暗証番号入力による決済(=取り引き成立)を取り消すには、トルコ警察で被害届を受理される事が最も有効とされています。


★イスタンブール領事館ホームページより
「当地で被害に遭った方へ」「当地でクレジットカード詐欺に遭われた方へ」
http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/consulate_j/ryoji/higai.html



被害届手順はコチラ 被害者Gさんのケースです。

ブログ「トルコ旅行と絨毯恋愛詐欺」では、被害者Jさんも「引き落とし阻止」に成功されています。
カテゴリの被害者の物語「友情商法で、被害届受理」をご覧下さい。
http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-137.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。