2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:実用 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコで詐欺にあった場合の対処法

kage

2011/09/30 (Fri)

ブログトルコ旅行と絨毯恋愛詐欺にある、被害者Gさんのケース~まとめを紹介します。

トルコ以外でクレジットカード詐欺に遭った場合も、同様の手順が当てはまると思います。どうぞお役立てください

トルコで詐欺被害に遭い、カード払いにて絨毯を購入してしまった場合、いかにしてカード会社に引き落としを中止させるか




カード会社へ、「支払い停止の抗弁書」および、「被害届」を提出するために以下の行動を起こしましょう。
1.在イスタンブール総領事館、もしくは在トルコ日本国大使館にただちに連絡し、相談する。(イスタンブール領事館には、絨毯屋やボッタクリバ-による詐欺被害、レイプその他犯罪に対応する担当領事、副領事がいます)
2.領事館通訳リストの中からひとりを選び依頼、その通訳とともに現地警察へ赴く(通訳費用は、1時間拘束ごとに3000円)
現地警察にて被害届(トルコ語)が受理されたら、英訳もしくは和訳して、カード会社に送付する。

※MUFJカード(三菱UFJニコス)は、トルコ語の被害届を受け付けています。

カード会社は、カード名義人のサインという「エビデンス」を持っている以上、「引き落とし」の権利は、正当かつ、絶対です。これを撤回させるには、「詐欺被害届」の受理が有効であるらしいという事が、今回の件で分かってきました。
被害者Gさんの「交渉術」として、以下のアドバイスもいただきました。
1.各関係先への電話連絡には、スカイプが便利である。

2.証拠になる可能性もあるので、会話は、携帯のボイスレコーダ-に録音する。
また、交渉相手に本気で取り組んでもらうために、録音していることをあえて伝えたこともあった。
Gさんの3ケ月に亘る、詳しい「戦い」は、「トルコ旅行と絨毯恋愛詐欺」カテゴリの「Gさんのカード引き落とし阻止」からお入りください。

イスタンブール領事館ホームページより
「当地で被害に遭った方へ」「当地でクレジットカード詐欺に遭われた方へ」
http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/consulate_j/ryoji/higai.html



日本からトルコ警察へ被害届を提出する

トルコ大使館で、現地の通訳と弁護士への委任状をもらい、被害届の作成・提出を依頼。
参考記事 http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-162.html
参考サイト http://blacklist2011.bbs.fc2.com/
スポンサーサイト

メールの送信元/IPアドレス追跡方法

kage

2011/04/29 (Fri)

自称イタリア人として、ミラノや出張先の世界中の都市からメールを送る設定でトルコからメールを送り続けターゲットを欺きます。 このようなウソを見破るためにメールの送信元を追跡(どこの国のどこの都市からメールが送信されたか)する方法の一例を紹介します。
最近増え続ける他人になりすましたネット詐欺師に騙されないためにも役立つと思います、参考にしてください。
※IPアドレスとは インターネットにつながっているコンピュータを、識別・特定するための固有の番号

送信されたメールヘッダー(メールの送信者・受信者の情報)

Return-Path: xxxxx@hotmail.com
Received: from xxxxxx.ne.jp by xxxx.ne.jp xxxxx; Fri, xx 20xx +0900 (JST)
Received: from xxxxxxhotmail.com (xxxxxxhotmail.com [65.55xxxx]) by xxxxxx.ne.jp xxxxxxx for ; Fri, xx xx 20xx
Received: from SNTxxxxxxxxxxxxxxxxxhotmail.com with Microsoft SMTxxxx(6.0xxxxxxxxx); Fri xx xx 20xx -0800
Authentication-Results: rcptxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxhotmail.com; spf=pass
Message-Id:
Content-Type: multipxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx55b4_"
X-Originating-Ip: [78.181.38.205]
Importance: Normal
In-Reply-To:
References: <09D4xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxne.jp>
Mime-Version: 1.0
X-Originalarrivaltime: xx xx 20xx xxxxxxxxxxxxF6F]
X-Uidl: xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

78.181.38.205 がIPアドレス 

X-Originating-Ipがない場合や見るのが面倒という場合はヘッダー全文をコピーして下記サイトの枠の中にペースト
http://www.ip2location.com/emailtracer.aspx
  ↓
Lookup のボタンをクリック
  ↓
最初に表示されているのが送信元の国です

※各プロバイダのメールヘッダーの表示の仕方 http://mail.google.com/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=22454


IPアドレスから送信元を調べる


http://www.dnsstuff.com/?r=webdns_rejected

上記サイトの上の段、3つのBOXの一番右 『IP Information』の[enter IP]の部分にIPアドレスの数字を入力
  ↓
すぐ右にある再生ボタンみたいなのをクリック
  ↓
IP address: 78.181.38.205
Reverse DNS: dsl-78.181-xx33.xxnet.net.tr.
Reverse DNS authenticity: [Could be forged: hostname dsl-78.181-xx33.xxxx.net.tr. does not exist]
ASN: 9121
ASN Name: xxNet (xxnet Autonomous System)
IP range connectivity: 1
Registrar (per ASN): RIPE
Country (per IP registrar): TR [Turkey]
Country Currency: TRL [Turkey Liras]
Country IP Range: 78.160.0.0 to 78.191.255.255
Country fraud profile: High
City (per outside source): Istanbul, Istanbul
Country (per outside source): TR [Turkey]
Private (internal) IP? No
IP address registrar: whois.arin.net
Known Proxy? No
Link for WHOIS: 78.181.38.205

Turkey・Istanbulから通信していることが分かります


http://www.iputilities.net/index.html
こちらのサイトでもIPアドレスから所在地(送信元)を調べられます(左側IPアドレス入力欄に入力)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。