2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:注意喚起 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ人カレシにカネ貸すな!

kage

2013/01/01 (Tue)

あなたのカレシはトルコ人ですか?
以下の項目に心当たりはありませんか? 

□ 日本語がうまいが読み書きができない

□ 日本語がうまいが語尾に「~ねぇ」とか「~よぉ」が付くなど明らかに女言葉だ

□ 会って間もないのにもうあなたにメロメロだ

□ 旅行者を相手に仕事をしている

□ カレシの友人や知人、兄弟、親戚が日本に住んでいてやたら日本について詳しい

□ iPhone、デジカメ、パソコンをせびられたことがある

□ 日本への執着がハンパない

□ 本当は日本人が嫌いだ

□ 逆ギレ、暴言、暴力をふるう

□ 英語の文章が変

□ 文末にやたらと「forever」がついている

□ 「嫉妬深い」の域を超えている

□ 会って間もないのに結婚を迫られる

□ 元妻や元カノは日本人

□ 度々来日している

□ やたらとトルコに来るように勧める

□ 家族の誰かが入院している

□ ATMであなたが暗証番号を入力するところをガン見していた

□ クレジットカード決済で暗証番号を入力するところをガン見していた

□ あなたの親、姉妹、親戚、友達の職業などねほりはほり聞かれ懐具合を探られた

□ 「愛している」というわりには「絨毯を買って」としつこい

□ 過去にとてつもない不幸がある

□ 昨日まで元気だったのに突然の事故やケガでお金が必要だと言い出す

□ 昨日までセレブだったのに突然「支払いのお金が足りない」などと言い出す


あなたのカレシはトルコ人ですか?
以下の項目に一つでも当てはまれば、カレシは100%詐欺師と思っていいでしょう。さっさと逃げてください!

□ 「絨毯を運んで」と言われた

□ 「絨毯をシェアしよう」と言われた

□ 「お金を貸して」と言われた  

 お金を借りる理由はさまざま! 事件、事故、病気、手術、他人にケガを負わせた、お店を持ちたい、兵役を逃れるため、ヤクザにお金を借りた、経営が上手くいっていない、突然トラブルに見舞われる、などなど。
そうです! つまりはエアーカレシですっ 絶対に貸してはいけません!


スポンサーサイト

トルコ警察へ被害届を出してください!

kage

2012/06/19 (Tue)

残念ながらトルコで詐欺被害を受けた人が犯罪の事実を知るのは、大抵日本に帰国してからです。
もし、幸いにもトルコにいる間に「あれ?」と犯罪のにおいを感じたら、勇気を出してすぐにトルコ警察へ行き、被害届をトルコ警察に受理いただいてください!
被害者にとってはそれが無ければ何ら進まず、ただ泣きをみるしかありません。

私はカード被害に遭って月日ばかりが経ちますが、一体自分が被害額を払わなければならないのかどうか分からず悶々と過ごしています。
私はトルコ語・英語で方々に手を尽くしたものの、基本的に取り合ってもらえませんでした。なぜなら国際協定により

「トルコで起きた犯罪被害はトルコ現地警察のみで受理する」からです。

私が犯行に気付いたのは帰国してから日本の空港で。既に日本の領内に戻ってしまってからでした。
日本からインターネット上で「トルコ警察」「在イスタンブル日本領事館」等々申し入れをしましたが、基本「トルコにいる時にトルコ警察に行くしか動きようがない」と。

日本の警察署にも資料を携えて行きました。幸運にも担当刑事さんが「トルコはユーラシア放浪旅で通過した思い出の地」の「国際事件担当」の方で、一連の私が受けた被害状況・日本人がターゲットになっている事実を非常に悔しがってくださったものの。「詐欺事件については日本警察→トルコ警察に正式に捜査願を出すことが認められていない。本庁に上げて情報共有はするけれど、この一件がトルコ警察まで流れる可能性は残念ながら低い」と謝られました。

なので、自分が受けた被害が「犯罪」として捜査され、自分の被害額が絶対的に保証され、詐欺師にダメージを与えるには「トルコ現地で警察に行くしかない!」のです。
もしかしたら後日更なる余罪に気づくかもしれません。それも、トルコ警察で既に被害届を出していれば被害届の事件に加えての余罪としてトルコ警察も聞いてくれましょう。でも届けていなければ、後日トルコ警察にどんな証拠を提示しても、決して動いてはもらえない。
些細な被害であっても、自分自身の担保のためにも、トルコ警察に聞いてもらうべきです。

「トルコ語も英語も自信が無いから怖くて警察なんて・・」という方もいるかもしれません。
それならば、日本領事館に行けば外務省の誰かが力になって助言をいただけるでしょう。それも領事館員の仕事なのですから、遠慮なんてする必要も無い。

多くの日本人被害者がトルコ警察に行っていないことから、詐欺師は連日のように犯行を繰り返しています。「日本人は何をされても黙っててくれるから、楽に金が稼げて楽だよな~」と、更に日本人をターゲットとした犯行を悪化させているのが現実です。
簡単に詐欺師一人当たり数千万円単位のお金(恐らくそうでしょう)が懐に飛び込んでくるのですから、多くの日本人が泣きを見ている他方で、大喜びで豪勢な暮らしをしている人が現にいるのです。

「同じような被害を日本で受けたら、自分は黙って耐え忍び、ぼんやり見ているのか?」
それをちょっと立ち止まって考えてみてください。

トルコでは詐欺師周囲の人(もしかしたら日本人も)が警察へ行くことを引き留めるかもしれません。その人物たちは何らあなたのことなど考えていないでしょう。自分の仲間/組織を守るためだけです。
どうか、詐欺師への情に流されず「自分の金銭被害を守ること」を第一に行動してみてください。

私は大好きな国トルコで繰り返されるこのような被害を断じて許せません。
ただでさえ不快感を抱いていたのが、まさかの自分が被害者になって更に強まりました。
どうか被害に遭った方が金銭負担することなく解決に至りますよう。そしてこのような詐欺師たちがSultanahmetから消滅しますよう。

被害者のXさんが書いてくださいました、ありがとうございました。


■チェ○○○、CExxx、ARAS、DANNY 詳細はコチラ

■現地でクレジットカードを使ったあと、何か違和感を感じたらweb明細や電話で請求額や請求元をチェックすることが大切です。
また、直接トルコ警察に行くのはちょっと・・・という方は、コチラの被害届手順をご参考に。

日本からトルコ警察へ被害届を提出する

トルコ大使館で、現地の通訳と弁護士への委任状をもらい、被害届の作成・提出を依頼。
参考記事 http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-162.html
参考サイト http://blacklist2011.bbs.fc2.com/

クレジットカード不正請求

kage

2012/05/22 (Tue)

店

このお店に立ち寄った、又は買い物をした旅行者に「クレジットカード不正請求」の被害が多発しております。
心当たりのある方は、今一度カード利用明細の確認をお願いします。

※看板を外し、ドアを変えるなど2012年6月に一部改装。
改装後→http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-252.html

GALLARY CExxx 店名
GARELI AKASYA  ネット告発後は絨毯の保証書などに、この店名を使用
CExxx ART 2012年6月現在はこの店名を使用

PIRLANTA KUYUMxxxxx ピルランタ クユム○○○○○ 請求元のお店1
レシート及び、カード利用明細には、Cの店の代わりにイスタンブールにある貴金属店【PIRLANTA KUYUMxxxxx】が記載されており、トルコでは他店で決済は違法なのだそうです。

CExxx HALIVI KILIM  請求元のお店2
CExxx HALI VE KILIM ISTANBUL 請求元のお店3

もしも、身に覚えのない請求や不審な点があった場合は、至急カード会社に電話してください!


■カード会社に伝えること

・該当店が「不正利用の常習店」である
・正常な取り引きではない
・商品の現物がない
・商品を購入した店と請求元の店が一致しているか確認する
(購入店とは別の貴金属店から請求がくることが多い←違法)
・「支払い停止の抗弁書」提出 参考記事↓
http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-165.html
http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-163.html

カード会社によっては、事実が判明するまで引き落としをしないところもありますし、交渉すれば延期してくれるところもあります。

★2012年11月追記
不思議なことに、詐欺師絡み(他の詐欺師含む)で買い物をした旅行者のほとんど全員の決済先は、購入店とは別の「貴金属店」になっています。
ある旅行者はCの店で雑貨購入時にカードを切り、被害にはあっていなものの、貴金属店PIRLANTA KUYUMxxxxxから、『通販』でジュエリーを購入したとして請求がきたそうです。
絨毯屋や土産物屋は、なぜ、わざわざ他店で決済しているのか?? その秘密はどうやら「消費税」にありそうです。
必見→http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-174.html


■実害報告

1、恋人という立場を利用してクレジットカード情報を盗み、女性の帰国後にサインを偽造するなどして、実態のない買い物を不正に請求。
2、A子さんのコメントにもあるように、ICクレジットカードで決済をする際に暗証番号を押すと、カード会社には二度の買い物記録が残るよう巧妙な仕掛け(?)がしてあり、いずれの場合も一度目に身に覚えのない買い物、二度目が本人の買い物となっています。
3、買い物はせず、この店に立ち寄っただけの旅行者にも上記のお店から請求がきており、立ち寄った日が決済日となっています。決して貴重品から目を離さないでください。

また、現金で払おうとする客に対しカードで支払うよう勧め、不正請求。
買い物客にレシート(カード利用控え)を渡さないなど、不審な行動。
通常のクレジットカードで決済しようとする女性に「このカードは使えない」と、ICチップ搭載のクレジットカードで決済させ、2の要領で不正に請求。
など、通常の商店では考えられない営業をしています。くれぐれもお気をつけ下さい!

※ご注意
上記のような「身に覚えのない請求」で、トルコ警察で被害届受理がなくても返金に成功された方はいます。先ずはカード会社に連絡してください。

ケースは違いますが、トルコでカード詐欺に遭われた方のブログです。
被害が小さいからとか、自己責任だと諦めようとされている方に是非読んで欲しいと思います。
http://ameblo.jp/cornissimo/entry-10887836614.html


【カード決済を撤回するには】 

自らの意志で(騙されていると知らずに)サインや暗証番号入力による決済(=取り引き成立)を取り消すには、トルコ警察で被害届を受理される事が最も有効とされています。


★イスタンブール領事館ホームページより
「当地で被害に遭った方へ」「当地でクレジットカード詐欺に遭われた方へ」
http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/consulate_j/ryoji/higai.html



被害届手順はコチラ 被害者Gさんのケースです。

ブログ「トルコ旅行と絨毯恋愛詐欺」では、被害者Jさんも「引き落とし阻止」に成功されています。
カテゴリの被害者の物語「友情商法で、被害届受理」をご覧下さい。
http://turkey11.blog99.fc2.com/blog-entry-137.html

Cexxx Kuxxx 窃盗 恋愛詐欺 結婚詐欺

kage

2010/12/20 (Mon)

店名 GALLARY CExxx → GALERi AKAxxx → CExxx ART→Carxxx & Kixxx

偽名 ARAS アラシ アラス、ダニー、ロベルト、ロベルト サド
 

心当たりのある方はコチラ

■特徴

本名 チェ○○○ ク○○ 
観光地にはおよそ似つかわしくないビジネスマンの服装をしています。
身長175cm(自称185cm)浅黒い肌、黒髪でオールバック、歯並びが悪く、イタリア人やスペイン人と偽り英語で話しかけてきます。(日本語が上達したという情報アリ)
自称独身ですが既婚で子供もいます。

実業家、弁護士、大学教授、ACミラン所属の元サッカー選手、政府の仕事をしているなどと言い、高学歴・高収入のエリートかつワールドワイド、グローバルな男をアピール。「東京大学や慶応大学、青山学院大学など有名大学のイタリア語教授として」「日本に店を出すため」「日本語学校に入学するため」など、今回限りで関係が終わらないと思わせるためなのか、近いうちに日本に長期滞在すると必ず言います。また、日本語学校の【入学願書】を講師として招かれた証拠書類として使っているそうです。

主にブルーモスク、アヤソフィア、トプカピ宮殿の出入り口や施設内、グランドバザール出入り口付近を張り込んでいますので注意してください。フリーパスも所持しているため自由に出入りできます。
またブログ告発以降は、ライバル店の嫌がらせ、女性の誘いを断ったためwebで中傷されているなどと被害者を装っている他、「ブログにコメントした人物を弁護士が逆探知して特定した」などとあり得ないホラ話(笑い話)も披露。

■ 手口と被害

日本国内でも活動しています、被害に遭われた方は日本の警察へ!

クレジットカード不正請求についてはコチラ(2012年5月追記)

Cに親切にしてもらう→クレジットカードが紛失→限度額上限をキャッシングされていた。(2012年6月追記)

旅行者に声をかけ観光案内、お茶や食事を振る舞う、スカーフや雑貨などのプレゼント攻撃、空港までの送迎、買い物に付き合った際の荷物持ちなど、至れり尽くせりの接待後男女の関係に持ち込み、女性の滞在中に自分のお店で絨毯や雑貨を販売するなど【恋愛商法、デート商法】を繰り返しています。そこでしくじった場合もめげることなく、帰国後に電話やメール、LINE、Viber、スカイプなどで口説き続けます。「トルコに来て絨毯を買って」と甘えることも忘れません。
また、霊感商法まがいの手口で心理的に女性を操っているとも。

以前はSNSやSkypeなどインターネットを駆使してカモ探しに必死。また愛人の友人、高齢者女性など手当たり次第に誘惑します。
愛人たちに日本でキリムやバッグを販売させる、日本でのビジネス話を持ちかける、といった情報も複数の方から寄せられています。トルコ雑貨のお店を開くため、青山の家賃50万円の店舗物件を貸りるようメールが送られてきたので、初期費用の半額の200万円を送金するよう女性が言うと、二度とビジネスの話は出なくなったといいます。また、チェ◯◯◯の術中にハマり、数百万円「貸して」しまわれた被害者も。(後で払う、後で返す、を信用するのは厳禁です!)

★フランス語の疑問★
チェ◯◯◯の「フランス語での電話の応対」はホラ話を信じる要因になっているようですが、あれは会話ではなくセリフです。カモを騙すべく、なんらかの文章を多言語で覚えて、一人芝居をしていると思われます。現に「鳴ってもいない電話に出て、突然フランス語を喋りだした」という目撃証言も!

2009 公文書偽造、虚偽申請の罪で成田で入国拒否
2010 12月(?) 日本人女性を殴打し警察に連行される
2011 クレジットカード詐欺発覚。以降カード詐欺や窃盗の情報が多数寄せられる
2012 夏 念願の日本再上陸を果たし、日本国内でも活動開始


このような事実をこの男に突きつけてもあらゆるウソで言い逃れをします  絶対に騙されないでください!

SAD STORYに騙されないで!!! 全部ウソです!!! お金を借しても戻ってきません!!!  

何を言われても絶対に信じてはいけません!!! ハニー や baby はあなたの他にも大勢いますっ!!


これ以上犠牲者を増やさないために 詐欺情報を検索したらすぐにヒットするよう、新しい偽名や店名などを入手された方は、掲示板など、サイトに掲載しましょう。
また、イスタンブール及び日本国内でこの男に声をかけられている女性を見かけたら危険が迫っている事を教えてあげてください。あなたのお祖母さん、お母さんがトルコ旅行に行かれる場合も事前に教えてあげましょう。

被害を防ぐ対策 としては関わらないのが一番ですが観光名所など獲物を探し徘徊しているため遭遇する可能性があります。「ナンパされた」「目があった」など危険が及んだ場合はすみやかに避難してください。誤って知り合いになってしまった場合、決して連絡先を教えてはいけません。既に教えてしまった方は、ただちに着信拒否、受信拒否、メッセンジャー、Skypeコンタクトリスト、LINE、Viber からの削除又はブロックをお勧めします。住所を教えるなどもってのほかで、ある程度関係が発展すると知らないうちにトルコ雑貨が届き、手先として働かされることもあります。そのような場合は受け取り拒否か、着払いで送り返してください。

もしもワナにかかってしまったら すみやかにイスタンブール領事館、トルコ警察、日本の警察、弁護士に相談しましょう。泣き寝入りは絶対にいけません!
現地で何かがおかしいと気づいた場合は帰国する前に警察に行き、被害届を受理されることが大切です。
(領事館や大使館で通訳を紹介してもらい、トルコ警察へ行くといいでしょう。通訳の料金は1時間¥3,000〜)


イスタンブール領事館のホームページより「恋愛詐欺に関する注意喚起」
http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/consulate_j/ryoji/oshirase8.html#17




ARAS  MİRİOGLU MIRIOGLLI  MIRIOGLI MILIOGLLI MIRI MILI Danny Arioglu アラス・ミリ アラスミリ アラス ミリ トルコ旅行 クルド料理 遠距離恋愛 Some Day honeyy Facebook Gezgin kilimch Myspace kilim saadet キリム 国際裁判 警察 暴行 自慢 勘違い Love Turkey 六本木 新宿 表参道 南青山 麻布 大阪 兵庫 北海道 Istanbul トルコ人 彼氏 ICクレジットカード詐欺 暗証番号詐欺 サイン ねつ造 証拠書類 語学スクール 置き引き スリ 盗難 旅の準備 気候 天気
※検索キーワードに関してお気づきの点があればお知らせください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。